生活全般

胃痙攣の原因や症状とは?対処法や予防法を紹介!

投稿日:2018年1月6日 更新日:

胃痛

周囲との調和を大事にし、人間関係に気を配る日本人は胃の痛みを感じやすいといわれています。胃が突然キリキリと痛む、キューっとする症状に苦しめられた経験はありませんか。その症状は胃痙攣といわれるものかもしれません。

多くの方が胃のシクシクとした痛みを一度くらいは感じたことがあると思います。いきなり強い痛みが起こったり、なかなか胃の痛みがよくならないときは自分でできる対処法を知っておくと安心です。胃痙攣の原因や対処法を確認しておきましょう。

☞ 胃の痛みにスーッと効く 胃の自然治癒力を高める生薬製剤【イツラック】 とは?

胃痙攣(いけいれん)とは

胃けいれんは、胃壁にある筋層が異常に緊張して痛むために、あたかも胃がけいれんしているかのように感じて、みぞおちのあたりに激しい痛みを感じます。30分ほど続くこともあれば数時間にわたり痛みを伴うこともあります。

なお、胃痙攣は症状に対する呼び名で病気ではありません。原因となる病気を見つけることが大切になります。

胃痙攣の原因

胃痙攣は胃の周りの筋肉がなんらかの原因で痙攣してしまうことで起こります。胃痙攣の代表的な原因は以下のようなものがあります。

1.胃の病気

胃痙攣を起こす病気としては胃の病気がまずは疑われるでしょう。可能性としては胃潰瘍、急性胃炎などが急な痛みを起こしやすい病気です。

(1)胃潰瘍

胃の粘膜がただれたり、ひどい時には胃に穴があいてしまうことがある病気です。胃酸の出過ぎやピロリ菌、食べ物、薬物、飲酒、タバコ等によって、胃や十二指腸の粘膜が傷つけられて起きる病気です。

(2)急性胃炎

様々な原因によって胃の粘膜に炎症をおこす病気で急激に発症するものをいいます。みぞおちのあたりの急激な痛みなどが特徴で他にも胃部膨満感、悪心(むかつき)、嘔吐、吐血、下血をすることもあります。

2.他の病気との合併

痛みの症状を「胃痙攣」と呼んでいても、実は胃ではない内臓の異常が現れているのかもしれません。みぞおちのあたりは大切な臓器が集まる場所でもあるので考えられる原因も多数あります。

  • 十二指腸潰瘍
  • 胆石症
  • 膵炎
  • 胆管炎
  • 盲腸炎 など

臓器の異常がある場合、胃痙攣の他に吐き気や嘔吐、発熱、下痢などの症状を伴うことも多くあります。

3.精神的ストレス

強いストレスがかかった時や、長時間ストレスにさらされていると自律神経の働きが乱れ、胃が過敏になってけいれんを起こします。胃はストレスに対して弱い臓器なので極度のストレスや緊張が長時間続くと胃に影響が出ます。

日頃の生活でも緊張を強いられる場面などで胃の痛みを感じたことがあると思いますが、ストレスの自覚がある場合にはあらかじめ胃の負担を減らすような対処を行うことが大切です。

4.体の冷え

体の冷えも胃痙攣の原因となります。胃腸は非常にデリケートな臓器なので冷えることも機能を落としてしまう原因になります。

胃痙攣の症状

胃(主にみぞおち)の辺りが突然けいれんを伴う激しい痛みに襲われるのが、胃痙攣の大きな特徴です。しかし、それ以外にも胃痙攣によって起こる症状があります。胃痙攣には以下のような症状があります。

  • 激しい胃の痛み
  • 吐き気や嘔吐
  • 下痢
  • 食欲不振

これらの症状は胃痙攣以外の胃の症状にもよく似ていますが、胃痙攣の場合、多くは立っていられないほどの強い痛みがあるのが特徴です。これらのうち最もよくある症状が腹痛です。この腹痛は盲腸にでもなったかのように激しい痛みが生じるケースが多いです。

症状だけ見ると、お腹からくる風邪のように感じますが、病院で検査を受けてみると胃痙攣を引き起こしていることが発覚することもあります。

☞ 体に優しい漢方生薬由来の成分を配合の生薬製剤【イツラック】 による効果効能とは?

快方

胃痙攣の対処法

1.安静にする

原因がストレスの場合は、まず安静にすることです。体からストレスや疲労を取り除くことができれば、胃痙攣の原因をなくすことができるので効果的です。

2.胃に何か入れる

胃に食べ物や飲み物を入れると症状が楽になる場合もあります。消化が良いうどんなどの食べ物や温かい飲み物を飲むと楽になります。

3.薬を飲む

胃痙攣を起こしやすい方は、あらかじめ市販されている鎮痛剤(鎮痛痙攣剤)を購入しておき、痛みが出た時は服用するとよいでしょう。

4.ツボを押す

足の甲側の3番目の指と4番目の指の間に手の指を入れてこすると胃痙攣の症状がやわらぐことがあります。また、足の親指全体を手の指の腹でほぐすことでストレスに関するツボが刺激されて、胃痙攣の症状が落ち着くことがあります。

胃痙攣の予防法

1.食べ過ぎや飲み過ぎを控える

胃に負荷をかける食べ過ぎやお酒の飲み過ぎを控えるなど日頃からの食生活が大切です。アルコール類の飲酒や油分や塩分の多い食事を多くとっていると胃に悪影響をおよぼします。この積み重ねでストレスに対して弱くなったり、胃の機能が低下してしまうのです。

2.冷たいものを急激に摂取しない

胃が冷えると過剰に反応してしまい、胃痙攣が起きやすくなります。特に冷たい飲み物を一気飲みしたり、アイスを食べすぎた場合などは胃に負担をかけ胃痙攣を起こしやすくなります。冷たいものを短時間で一気に食べたり、食べ過ぎなどをするのは控えましょう。

3.日頃から体を温めておく

寒い季節は体を温めていないと内臓が冷えて弱ってしまいます。そのため、寒い季節になると冷え性の方は胃痙攣を起こしやすくなります。

冷え性や内臓が寒さで弱っていることで胃痙攣が起きやすい方はお風呂に長く浸かって体を芯から温めたり、お腹が冷えないように厚着をしたり、腹巻などで対策を行っておくのが良いでしょう。

胃に不安のある方にオススメの『生薬製剤イツラック』とは?

3種の健胃生薬成分が産んだ、まったく新しい健胃剤。

胃の不快症状を考え、芳香性健胃剤の王道成分【経皮(ケイヒ)】

紀元前から重用される、爽やかでたくましいパワー【丁子(チョウジ)】

爽やかな清涼感が嬉しい生薬【茴香(ウイキョウ)】

の3つの生薬由来成分を配合。

施策に施策を重ねて完成した、「指定医薬部外品」です。

成人の4人に1人が慢性的な胃の悩みを抱えています。

だからこそ、『生薬製剤イツラック 』でやさしく胃をいたわってあげることが大切です。

悩みを解決しながら、胃の自然治癒力を高めることが大切です。

イツラックには胃の自然治癒力を高めることが出来る3種類の生薬が配合されており、つらい胃の症状にスーッと効果があらわれます。

初めての方で体に合わなければ10日間の返金保証がついており、安心です。

-生活全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

気にしすぎる性格を直す方法

気にしすぎる性格の人の多くは損をする性格だといわれます。気にしなくてもいいことをあれこれ考えてしまい、勝手に不安になったり、心配したりして疲弊したり、精神的に不安定になってしまうからです。 反対に楽観 …

(夏至の日)2020年はいつ? 食べ物の風習は何があるの?

冬至に食べる食べ物はカボチャが有名ですが、夏至の時期は田植えの時期と重なっていたため、忙しくて食べることに時間を割くことができませんでした。 その影響もあり、夏至の時に何かを食べる習慣が強く残っていな …

速達郵便の送り方・出し方とは? 普通郵便との違いに触れながらサービス内容を紹介!

郵便を出さなきゃいけないのに期限ギリギリだったことってありませんか。郵便物をより速く送り届けてくれるサービスといえば速達です。しかし、普段あまり使ってないと速達の出し方は案外覚えていないものです。 そ …

寄生虫を宿すナメクジとカタツムリの違いとは?塩で溶けるが水で復活するの理由は?

ジメジメしたものを好むナメクジは梅雨の時期に大量発生するのでよく目にすることがあります。昔からよく言われているのが「ナメクジに塩をかけると溶ける」というものがあります。 実際やってみたことがある人も多 …

感情のコントロール|客観的に物事を捉える冷静さを身につける方法とは?

人間には、喜怒哀楽などの感情があり、生きるために感情を表にだすことも大切ですが、場合によっては、感情を出さない方がいい場合があります。 喜びや楽しいときの感情は、無理にコントロールする必要はないかもし …