仕事と技術

シュリンクとは?|知っておきたいカタカナビジネス用語のまとめ!

投稿日:2017年10月19日 更新日:

ビジネスシーンでよく聞くシュリンクですが、よくわからないけれど、今さら聞くことができません。

ビジネス用語を使いこなせる社会人はかっこいい感じがします。

そして、ビジネス用語の中でも確立している「シュリンク」という言葉があります。

果たしてシュリンクとはどのような意味で、どんな時に使うのでしょうか。

☞ 市場価値診断から本当のキャリアパスを見出す『MIIDAS(ミイダス) 』とは?

シュリンクとはどのような意味なのか

1.シュリンクとは「縮小」の意味

シュリンクには「縮小」の意味があります。

このシュリンクという言葉は、IT関係でのビジネス用語として特に浸透しています。

元々ICチップの縮小化技術やデータ圧縮化などで「シュリンク」を使っていたためです。

2.シュリンクの元々の意味は何か

シュリンク(shrink)とは、英語で、布などが(縮む、つまる)貯金などが(減る、少なくなる)と言う意味があります。

また、商品などを包んでいる透明なフィルムのパッケージのパッケージ方法をシュリンクと呼びます。

パソコン用語で、シュリンクと言えば、部品や、基板などが縮まる事を意味します。

「シュリンク」という言葉を使う場面は?

ビジネスシーンで使う場合の、シュリンクには、主に次の二つがあります。

  • 物やデータを小さくする技術または、圧縮すること。
  • 市場や購買意欲などが縮むこと。

どちらも、縮む、減るという意味の(shrink)が語源となっています。

たとえば、「市場のシュリンクが進み、目標販売額達成は苦戦が予想されます」などと使うと適切です。

よく使われるビジネス用語集

シュリンク以外にも社内の会議やクライアントとの打ち合わせの場でよく使われるビジネス用語を取り上げます。

「知っている」という人も、間違った意味で覚えていないか確認してください。

1.共通利益のために協力するという意味の「アライアンス」

複数の異業種企業・集団・人が共通利益のために協力しあう意味があります。

たとえば、「外進出を成功させるために現地企業とのアライアンスが重要だ。」というように使われます。

グローバル化の時代に海外進出する企業が増えていますが、その際には現地企業といかに協力体制を構築するかが成功の鍵といれています。

2.証拠を残すという意味の「エビデンス」

証拠、根拠という意味を持ちます。

たとえば「十分なエビデンスがなかった」と会議などで具体的根拠に欠ける意見をいう時に使います。

3.新商品の販売スタートさせる意味の「ローンチ」

新サービス・新商品の販売や使用を実際にスタートさせることです。

特にWebサイトを立ち上げて初めて公開するときによく使われます。

似た意味を持つ言葉に「カットオーバー」があります。

ローンチと違う点は、カットオーバーは新サービスの立ち上げだけでなく、既存システムのバージョンアップをお知らせする場合にも使うことです。

4.同意を取るという意味の「コンセンサス」

複数人による同意という意味を持ちます。

具体例としては「コンセンサスを得てきてください」と使うと良いでしょう。

合意なしに進めていく方法は従来では一般的でしたが、長期的には不信感、交渉の決裂などの問題が表出してしまいます。

現代では仕事を進めるときに納得のいく説明、議論の上で合意を形成して着手するという姿勢が求められています。

5.プロジェクト実現可能か調べるという意味の「フィジビリ」

「フィジビリティスタディ」の略で、事業計画やプロジェクトが実現可能かどうかを調べるための事前調査・研究という意味です。

「実験的に行う」という意味でも使われます。

英語の頭文字「Feasibility Study」を取って「FS」と略されることもあります。

新規事業を始める前に、市場のニーズ調査、競合他社の状況など詳細な事前調査をする必要があります。

6.計画の枠組みという意味の「スキーム」

「枠組みを伴った計画」という意味を持ちます。

ビジネス用語の使用例としては「事業スキームの作成に」といった使い方をします。

7.計画や予定という意味の「アジェンダ」

「計画、予定表」という意味があります。

また、議事日程や協議事項を指す場合もあります。色々な所で使えるビジネス用語です。

8.問題点や課題というの意味の「イシュー」

意味としては、「ビジネス上の論点、課題、問題」などを指します。

特に重要なものを指す場合に使うことが多いです。

9.許容量という意味の「キャパ」

意味としては許容量のことをいいます。

これは日常でもよく使う言葉ですね。

ビジネスシーンでは、需要に合わせて必要なリソースを適宜、最適なコストで確保・供給する一連の活動を指すこともあります。

10.優先順位という意味の「プライオリティ」

意味としては優先順位のことをいいます。

たとえば、「効率化のためプライオリティの高い仕事から順から順番に着手する。」というような使い方があります。

重要性、緊急性の高いものから順番に行っていくと、無駄な手間が省けます。

また、顧客の優先順位を明確に把握して、プライオリティが高い順に交渉することで良好なコミュニケーションが図れます。

☞ 転職に役立つ市場価値診断に『MIIDAS(ミイダス) 』を利用するメリットとは?

シュリンクの意味は「市場の縮小」ビジネス用語をまとめて覚えよう

ビジネス用語「シュリンク」の意味は「市場の縮小」です。

シュリンクという言葉だけではなく、世の中には実に多くのビジネス用語が存在しています。

中でも紹介したビジネス用語は特に使う場面が多い用語を厳選しています。

一気に覚えて早速使いこなして、スマートな社会人になりましょう。

知ったかぶりは禁物!用語は正しく使う

ビジネス用語をいくつか紹介しましたが、いくつ知っていましたか。

毎年のように新しい用語が誕生し、ブームがあるビジネス用語です。

用語の正しい意味を知ることで、ビジネスシーンにおけるコミュニケーション力もアップするでしょう。

年々、カタカナビジネス用語はビジネスシーンで浸透しつつあります。

社内の会議やクライアントとの打ち合わせのとき、少し自信を持ってビジネス用語を使ってみてください。

ただし、比較的年齢層が高い世代の方々の間では理解されにくい表現も多いため、カッコイイ言葉だからといって多用するのは注意が必要です。

200万人の年収データから、あなたの市場価値を見出す『MIIDAS(ミイダス)』

ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値をデータ分析して、あなたを求める企業から直接オファーが届くサービスです。

【無料で使える3つの診断コンテンツ】

  • 市場価値診断
  • コンピテンシー(行動特性)診断
  • パーソナリティ(人格)診断

「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断・分析することで、より自分にマッチしたオファーを受け取ることができます。

【オススメするミイダスのポイント3つ】

  • オファーは書類選考合格済み(面接確約)
  • 求人を検索しなくても、待つだけで企業からオファーやメッセージが直接届く
  • 7万人の転職データを公開。自分と同じ経歴の人がどこに転職したのかが分かる

ミイダスは面接確約オファーのみ。

まずはあなたの価値を知るために市場価値診断からはじめましょう。

無料登録 ☞ MIIDAS(ミイダス)

この他にも特色のある転職サイトがあります。

興味のある方はこちらをご覧ください。

-仕事と技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

人と関わらない仕事に変える|人間関係によるストレスを無くしたい!

人間関係が苦手だから、人と関わらない仕事に付きたいと思っている人は案外多いです。 仕事をしていく上ではどうしても人と関わらないければいけない場面はやっていきます。 しかし、仕事の内容や環境次第では、そ …

お詫びメールの書き方のポイントとは?|謝罪の誠意が伝わる例文を紹介

ビジネスで起りがちな手配ミスやクレーム対応など様々な場面で使えるお詫びメール。 ミスをした場合、その対処法によってビジネスマンとしての信頼が保たれるか失われるかが決まってきます。 ミスは誰しも経験して …

仕事でよく怒られるのはなぜ?|怒られる人の特徴とその対処法とは?

仕事をしていると、どんなに気を付けていても、上司や取引先の人に怒られることがあります。 会社員時代、怒られることが多かったです。 その原因は様々でした。当時は新入社員ということもあり、至らない点が多か …

「ご健勝」「ご多幸」の意味と違い|ビジネスでの使い方や例文で理解する

難しくて正しい意味を調べることのない「ご健勝」「ご多幸」という言葉は普段の会話で使うことはほとんどないでしょうか。 目上の方や仕事上の上司や取引先などへ、手紙やメールを送る場合、書き出しの前文や文章の …

潰れる会社の特徴|危なくなった会社はどんな状況を経て消滅するのか?

日本では毎年1万~1万5千社の会社が倒産しているといわれています。 自分が勤務している会社が経営不振で潰れてしまったりしては、たまったものではありません。 自分の会社が潰れるということを考えたことはあ …