仕事と技術

「シュリンク」とは?|他にもよく聞くビジネス用語の基礎知識

投稿日:2017年10月19日 更新日:

シュリンクとはどのような意味なのか

ビジネスシーンでよく聞くシュリンクですが、よくわからないけれど、今さら聞くことができません。ビジネス用語を使いこなせる社会人はかっこいい感じがします。そして、ビジネス用語の中でも確立している「シュリンク」という言葉があります。

果たしてシュリンクとはどのような意味で、どんな時に使うのでしょうか。

1.シュリンクとは「縮小」の意味

シュリンクには「縮小」の意味があります。このシュリンクという言葉は、IT関係でのビジネス用語として特に浸透しています。元々ICチップの縮小化技術やデータ圧縮化などで「シュリンク」を使っていたためです。

2.シュリンクの元々の意味は何か

シュリンク(shrink)とは、英語で、布などが(縮む、つまる)貯金などが(減る、少なくなる)と言う意味があります。また、商品などを包んでいる透明なフィルムのパッケージのパッケージ方法をシュリンクと呼びます。

パソコン用語で、シュリンクと言えば、部品や、基板などが縮まる事を意味します。

「シュリンク」という言葉を使う場面は?

ビジネスシーンで使う場合の、シュリンクには、主に次の二つがあります。

  • 物やデータを小さくする技術または、圧縮すること。
  • 市場や購買意欲などが縮むこと。

どちらも、縮む、減るという意味の(shrink)が語源となっています。たとえば、「市場のシュリンクが進み、目標販売額達成は苦戦が予想されます」などと使うと適切です。

よく使われるビジネス用語集

シュリンク以外にも社内の会議やクライアントとの打ち合わせの場でよく使われるビジネス用語を取り上げます。「知っている」という人も、間違った意味で覚えていないか確認してください。

1.共通利益のために協力するという意味の「アライアンス」

複数の異業種企業・集団・人が共通利益のために協力しあう意味があります。たとえば、「外進出を成功させるために現地企業とのアライアンスが重要だ。」というように使われます。

グローバル化の時代に海外進出する企業が増えていますが、その際には現地企業といかに協力体制を構築するかが成功の鍵といれています。

2.証拠を残すという意味の「エビデンス」

証拠、根拠という意味を持ちます。たとえば「十分なエビデンスがなかった」と会議などで具体的根拠に欠ける意見をいう時に使います。

3.新商品の販売スタートさせる意味の「ローンチ」

新サービス・新商品の販売や使用を実際にスタートさせることです。特にWebサイトを立ち上げて初めて公開するときによく使われます。似た意味を持つ言葉に「カットオーバー」があります。

ローンチと違う点は、カットオーバーは新サービスの立ち上げだけでなく、既存システムのバージョンアップをお知らせする場合にも使うことです。

4.同意を取るという意味の「コンセンサス」

複数人による同意という意味を持ちます。具体例としては「コンセンサスを得てきてください」と使うと良いでしょう。合意なしに進めていく方法は従来では一般的でしたが、長期的には不信感、交渉の決裂などの問題が表出してしまいます。

現代では仕事を進めるときに納得のいく説明、議論の上で合意を形成して着手するという姿勢が求められています。

5.プロジェクト実現可能か調べるという意味の「フィジビリ」

「フィジビリティスタディ」の略で、事業計画やプロジェクトが実現可能かどうかを調べるための事前調査・研究という意味です。「実験的に行う」という意味でも使われます。英語の頭文字「Feasibility Study」を取って「FS」と略されることもあります。

新規事業を始める前に、市場のニーズ調査、競合他社の状況など詳細な事前調査をする必要があります。

6.計画の枠組みという意味の「スキーム」

「枠組みを伴った計画」という意味を持ちます。ビジネス用語の使用例としては「事業スキームの作成に」といった使い方をします。

7.計画や予定という意味の「アジェンダ」

「計画、予定表」という意味があります。また、議事日程や協議事項を指す場合もあります。色々な所で使えるビジネス用語です。

8.問題点や課題というの意味の「イシュー」

意味としては、「ビジネス上の論点、課題、問題」などを指します。特に重要なものを指す場合に使うことが多いです。

9.許容量という意味の「キャパ」

意味としては許容量のことをいいます。これは日常でもよく使う言葉ですね。ビジネスシーンでは、需要に合わせて必要なリソースを適宜、最適なコストで確保・供給する一連の活動を指すこともあります。

10.優先順位という意味の「プライオリティ」

意味としては優先順位のことをいいます。たとえば、「効率化のためプライオリティの高い仕事から順から順番に着手する。」というような使い方があります。重要性、緊急性の高いものから順番に行っていくと、無駄な手間が省けます。

また、顧客の優先順位を明確に把握して、プライオリティが高い順に交渉することで良好なコミュニケーションが図れます。

シュリンクの意味は「市場の縮小」ビジネス用語をまとめて覚えよう

ビジネス用語「シュリンク」の意味は「市場の縮小」です。シュリンクという言葉だけではなく、世の中には実に多くのビジネス用語が存在しています。中でも紹介したビジネス用語は特に使う場面が多い用語を厳選しています。

一気に覚えて早速使いこなして、スマートな社会人になりましょう。

知ったかぶりは禁物!用語は正しく使う

ビジネス用語をいくつか紹介しましたが、いくつ知っていましたか。毎年のように新しい用語が誕生し、ブームがあるビジネス用語です。用語の正しい意味を知ることで、ビジネスシーンにおけるコミュニケーション力もアップするでしょう。

年々、カタカナビジネス用語はビジネスシーンで浸透しつつあります。社内の会議やクライアントとの打ち合わせのとき、少し自信を持ってビジネス用語を使ってみてください。

ただし、比較的年齢層が高い世代の方々の間では理解されにくい表現も多いため、カッコイイ言葉だからといって多用するのは注意が必要です。

自分のスキルや能力の適正な年収の相場がいくらになるのか気になりませんか?

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。サービスの利用はすべて無料のため、気軽に相談できます。

今後のためにも、まずは転職サイト、転職エージェントを利用してみてください。登録は無料で、求職者は全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-仕事と技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

名刺の英語表記の作り方|よく使われる役職名や部署名などの英語表記は?

最近、名刺の裏面に英語表記をする人が増えています。外国人と名刺交換をしたり、海外で名刺を渡したりする場合は英語表記の名刺を交換するのが一般的です。 英語表記の名刺を作成しようとすると「どの表現を使うの …

慶弔休暇の読み方や意味は?|休みの日数はどのくらいもらえるのか?

企業には様々な休暇があります。身内の不幸や親族の結婚など、どうしても休暇をとりたいときに取得するのが慶弔休暇です。社会人として働く中で度々起こることではありませんが、いざという時に助かる休暇制度です。 …

仕事のストレスで壊れそう!|感じやすい人の特徴・原因・解消法とは?

仕事が多すぎる、社風が合わない、正当な評価をもらえないなど、人間関係に問題がなくても、ストレスを感じたり、うつになってしまうことが一般的になっています。ストレスで毎日イライラ。仕事によるストレスが心身 …

「恐縮」の意味と使い方|ビジネスにおける使用上の注意点とは?

「恐縮」という言葉は、ビジネスメールの中や目上の人との会話の中でもよく出てくる言葉の一つです。「恐縮」の意味や使い方を紹介します。何気なく使用される単語ですが、使い慣れている人が多い分、意味や用法を意 …

「存じます」の意味と使い方|紛らわしい類語との違いとは?【例文あり】

社会人ともなると、ほぼ毎日のように会話やメールで敬語を使いますが、その中でも頻出なのが「存じます」という言葉です。「存じます」の使い方が正しいのか否か不安に思っている人もいるのではないでしょうか。 正 …