就職・転職

面接で長所と短所を聞かれたら?|的確に回答するために必要なこととは?

投稿日:2018年11月20日 更新日:

「長所・短所は何ですか」という質問は面接の定番といえます。一歩間違うと印象を悪くしかねない質問で、長所・短所は分かっているけれど、 ありのままに答えていいものか不安と悩む人もいるのではないでしょうか。

論理的に自分の特性を伝えることに難しさを感じる人も多いと思いますが、準備をしておけば、実はそれほど難しくはありません。面接で長所(強み)を聞かれたときは絶好のアピールチャンスです。

長所、短所の質問に隠された意図、本番で使える回答例などを紹介します。

長所・短所を聞く面接官の意図は?

面接官はさまざまな質問を通して、応募者が会社の求める人材にふさわしいかチェックしています。なぜ、面接官は、長所と短所を質問するのでしょうか。長所と短所の回答から面接官が本当は何を聞き出したいのか、質問の意図を理解しておくとよいでしょう。

1.性格

長所と短所は、個人の人間性を表します。面接官が長所と短所を聞く意図は、履歴書や適性テストで「能力」を知ることができても、その「能力」を形成するベースとなる「性格」を知ることはできません。

長所や短所を聞くことで、その人の性格や本質を知ることができます。また、会社の理念や仕事の価値観、経営者の方向性などとリンクしてくる部分です。最終選考に近くなるほど、能力よりも性格が重要な判断要因になります。

2.客観性

面接官は長所と短所の質問を通して、志望者が自分の性格を客観視し、冷静に自己分析できているかどうかを判断しています。自身の長所・短所を客観的に理解できている人は、「入社後も自分の課題と向き合っていける」と評価されます。

自分の長所と短所を自覚できれば、長所を伸ばし、短所の改善に努めることができます。そのため、入社後の成長率を判断するという点においても、重要な質問だといえます。

性格検査の結果と照らしあわせて質問されていることも多いので、ウソや誇張はやめたほうがよいでしょう。

3.会社への適応力

面接官は、長所と短所を知ることで、その人が会社で活躍できる人材かどうか判断します。応募者が会社の求める人材と合っていないと入社後に思うように活躍できなかったり、周りの人とうまくいかなかったりして、早期退職につながってしまうからです。

採用した人材に長く活躍してもらいたいと考えている企業にとって、長所・短所の質問は「経験」や「スキル」と同様に大切な選考基準なのです。

「長所・短所」を聞かれた時の答え方

長所と短所、どちらにも共通して意識しておきたいことは、大きくわけて2つあります。「企業との共通点を意識する」「具体的なエピソードを交える」ということです。

1.企業との共通点を意識する

面接で伝える長所・短所は仕事にかかわるものを選びましょう。求人情報やホームページなどに記載されている「仕事の内容」や「求めている人材」、「企業理念」などをもとに、自身の長所・短所との共通点を見つけ出し、接点を意識して伝えるようにしましょう。

「両親への思いは人一倍あります」というような長所、「歩くのが遅いです」というような短所など仕事にかかわらない内容だと、質問の意図を分かっていない、理解力やコミュニケーション力に問題ありと見なされる可能性があるので注意しましょう。

2.具体的なエピソードを交える

長所・短所として伝えたいことを裏付けるための具体的なエピソードを思い出してみましょう。自分が体験した具体的なエピソードを添えることで、面接官が内容をイメージしやすくなります。

原体験に思い入れのあるものを選ぶと、面接本番で説得力のあるプレゼンができるようになります。長所の場合は採用担当者にイキイキと伝わり、入社後の活躍イメージが明確になりますが、短所の場合は具体的なエピソードは控え、対応策を具体的に伝えましょう。

短所の答え方に困ったときは?

1.克服した短所を話す

短所と改善策を伝えることで、仕事で自身が不利な状況に陥った時でも対処する力や、向き合う姿勢があると示すことができます。伝え方次第で短所はアピールにもなると考え、答えを準備しておきましょう。

2.長所の裏返しで考える

短所をポジティブな方向に考えるのは難しいので、長所の裏返しの考え方をしてみると長所と短所の一貫性も図れます。

長所

短所

計画性がある

慎重すぎて出遅れることがある

協調性がある

人の意見を尊重しすぎる時がある

意志が強い

一つのことに集中し、諦められない時がある

「長所」の回答例

私の長所は忍耐力があることです。部活動や大学のゼミでは、目標に向けて地道に取り組んできました。部活動では厳しく、苦手な練習でも諦めず、自分を奮い立たせて最後までやり遂げます。成長を感じたときに大きなやりがいへと繋がりました。

「短所」の回答例

1.克服した短所を話す

私はかつて人見知りでした。しかし、家電製品の販売のアルバイトを通して、人見知りでは家電製品は売れないことを痛感しました。

先輩に何度も叱られつつも、接客トークを練習し、「自信の無い人に接客されても自分も買うわけない」と自分に言い聞かせつづけて、自分を売り込む力を身に着けました。

2.長所の裏返しで考える

私は心配性ですが、逆にその性格を生かし、学園祭を運営する際、事故に備えた準備やプロモーションも充分すぎるほど行い、何度もスケジュール確認をして、無事成功を収めることができました。私はリスクヘッジができる力を持っていると思います。

自己分析の進め方

自分の長所や短所を伝えるには、まず十分な自己分析が必要になります。

1.企業が知りたいのは人柄・熱意・将来性

企業は、人材を採用するにあたって、人柄や自社への熱意、将来的な可能性を知りたいと考えているため、自己分析ではそれらのことを伝えられるようになることを目標に進めます。

2.これまでの経験を洗い出して掘り下げる

これまで経験したことや頑張ったことなどを小さなことでも構わないので洗い出すことが大切です。そして、なぜ頑張れたのか、なぜ続けられたのか、どうやって乗り越えたかなど詳しく掘り下げます。

そうすることで、自分が得意とすることや意欲的に取り組めることなどが明確になり、自己PRになることを見つけやすくなるのです。

3.家族や友人から見て自分がどう映っているか聞く

自己分析を一人で行うのには限界があります。自分自身を客観的に見ることは、意外と難しいことです。家族や友人から見て、自分がどう映っているかを聞いてみることで、自分では気づかなかった長所や短所を知ることができるかもしれません。

自分の長所や短所をどのように伝えてよいか迷ったら

自分の長所や短所をどのように伝えてよいか迷ったときは、就活エージェントに相談するとよいでしょう。この問題の解決だけではなく、履歴書やエントリーシートの作成指導、添削、面接の練習などを行っています。

一人ひとりにしっかりとサポートがついているので、未経験の人でも安心して就職活動を進めていくことができます。応募書類の書き方で不明点があったり、面接で緊張してしまうことで悩んだりしている人も、就活エージェントの利用を検討してみてください。

就活支援サービス利用のススメ!

学生生活において大きなターニングポイントが「就活」です。就活を始めるにあたって、リクナビやマイナビなどの大手就職情報サイトに登録して、情報収集を行うと思います。

ただ、企業側からすると多種多様な大学や学部の人達が皆使用するため、企業がターゲット層とする学生にアクセスするには効率が悪すぎます。

また、学生にとっても、誰向けの情報なのか分かりにくく取捨選択が困難なものとなっており、志望業界が決まっている人にとって、大手就活情報サイトは必要ない情報が多過ぎるといえます。

最近では企業側も採用コスパを重視して、採用手段が多様化しており、就活サイトも従来型の総合就活サイトから派生して、成長性のある中堅・中小・ベンチャー企業に特化した就活サイトやキャリアドバイザーがサポートしてくれるエージェント型、企業からのオファーを待つオファー型など、様々な特化型サイトが増えています。

大手就活サイトを利用するだけにとどまらす、専門分野に特化した就活サイトの利用もオススメします。登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して内定を獲得した場合にも料金は発生しません。

○就活ノート

就活ノートは、就活生がつくるリアルな就活情報サイトです。就職活動を経験した大学生が主体となり、就活生の企業に対する口コミ、リアルな選考情報や実際に選考を通過した履歴書・エントリーシートを見ることができ、書き方など役立つ情報も発信しています。

また、面接とグループディスカッションの攻略方法も事細かく書いてあります。緊張を抑える方法から様々なパターンや業界別によっての攻略方法があって、なかなか自分だけでは知りえない情報が多くあります。

さらに、SPIから玉手箱まで多種多様なWebテストの問題集が公開されており、就活のプロの方々がプロならではの目線で就活生にアドバイスする記事もあります。就活は情報戦という面が非常に大きく、無料で登録できるので登録しておいた方が良いでしょう。

☞ 公式サイト:【就活ノート 】のページへ進む

○digmee(ディグミー)

digmeeは、エントリーシートから面接対策、採用選考までを効率化してくれる新卒学生のための就活サイトです。LINEやWebサイトを通して、常に新卒の学生に新しい就活スタイルや最新情報を提供しています。

1度登録をすれば、LINEとWebのどちらのサービスも利用することが可能になっています。LINEではインターンや選考会などのイベント情報がみることができ、また、選考会への申し込みができます。さらに複数社にまとめて一括エントリーが可能です。

一方、digmeeサイト上ではLINEでできることに加え、企業情報をさらに詳しく調べることができ、就活に役立つ記事やコンテンツを見ることができます。

面談後には選考結果のフィードバックをもらえる日本初の「フィードバックシステム」を取り入れており、前の選考でどこが良かったのか、悪かったのかを整理することができるのは大きなメリットになります。

採用選考は一度終わったらそこで終了ではありません。過去の経験を活かして次の選考にのぞむことが可能となります。

  • 行きたい選考会・イベントを見つけ応募するまでに手間がかかる
  • 選考を1社ずつエントリーして受けるのが大変
  • 面接やグループディスカッションうまくできるか不安

Digmeeはこのような悩みを解決します。

☞ 公式サイト:【digmee】 のページへ進む

○キミスカ

マイナビやリクナビを使った就職活動は、自分で求人に応募する必要がありますが、キミスカは自分で応募する必要はなく、企業からオファーをもらうことができるのです。いわば、逆求人型(オファー型)の就職活動サイトといえます。

逆求人型の就職活動サイトでは、就活生が自分のプロフィールを登録します。企業の人事採用担当者がそれを確認して、気になった就活生にスカウトのメッセージを送ることでコミュニケーションが始まります。

過去に参加したインターンや採用選考の経過を登録することで企業にアピールすることができ、就活の経験を無駄にしません。

また、各業界・職種に精通したコンサルタントが多数在籍しており、経験豊富なプロの就職コンサルタントから、個別に面接対策、履歴書添削、ES添削、就職相談など、応募者の就職活動をトータルにサポートを受けることができます。

まずは、キミスカに登録をして、どんな会社からスカウトが届くのか様子をみて、興味が出てきたら、本格的に利用しはじめるとよいでしょう。

☞ 公式サイト:【キミスカ 】のページへ進む

この他にも大手の就活サイトにはない特色を持った就活サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

就活での自己PR|インターンシップの経験はアピールできるのか?

インターンシップに参加する学生が増えており、このインターンシップの経験を自己PRの中で活用したいと考える就活生は多いですが、その経験そのものをアピールすることで失敗している人も多いです。 自己PRで他 …

就活に英語力は必要か|効果的な英語力のアピールのしかたとは?

就活に英語力は必要だと思いますか。外資系企業など一部の企業では、採用条件として高い英語力を求めています。高い英語力を求める企業に応募する人は、すでに英語を勉強していることでしょう。 一方、高い英語力ま …

扶養手当・家族手当・配偶者手当とは?|支給金額の実態や今後の流れは?

それぞれの会社にある福利厚生の一つである、家族手当、扶養手当、配偶者手当は会社ごとに支給額が異なります。法律上義務付けられているものではなく、金額以外にも呼び方や支給条件といったものも会社によって様々 …

高卒で就職するメリットとデメリットとは?|人気の高い職種は?

大学全入時代と言われている今時ですが高卒で就職した人は、どのような職業についているのでしょうか。高校生の人からすれば気になる点だと思います。 多くの人が借金までして大学に進学する為、大学に進学するメリ …

企業の社会的責任(CSR)とは?|CSR活動から優良企業を見つける!

CSR活動という言葉をよく聞きます。企業の社会貢献活動と訳されますが、具体的な表現ではないのでわかりにくいです。中にはCSR=ボランティア活動と認識している人もいます。 CSRの捉え方、考え方はさまざ …