就職・転職

失業保険の給付金額の違いは?|退職理由で貰える金額が変わるので注意!

投稿日:2019年1月9日 更新日:

自己都合退職と会社都合退職では失業保険の給付金の金額が、150万円以上変わってくる場合があります。転職する際に職業欄に記載する「自己都合退職」と「会社都合退職」。一見、なんら変わりのないことだと思っていた人も多いことでしょう。

しかし、自己都合退職と会社都合退職には雲泥の差があるのです。ちょっとしたことで給付金の金額が変わるので退職手続きには十分注意しましょう。

自己都合退職と会社都合退職の違い

失業保険は、やむを得ず失業状態になった人の生活支援という目的があることから、退職した理由により給付方法を区別しています。退職理由は大きく分けて2種類あります。

自分で決断して退職する「自己都合退職」と会社側の都合で退職せざるを得ない「会社都合退職」です。失業保険を受給するときは、この退職理由によって受給できる日数が変わるので注意が必要です。

1.自己都合退職になる場合

従業員自ら退職届けを提出して辞めた場合は、自己都合退職となります。履歴書には「一身上の都合により退職」と記載します。

2.会社都合退職になる場合

会社都合退職とは、従業員の意思とは関係なく、会社の倒産、人員削減、退職勧奨などで解雇・退職した場合のことをいいます。履歴書には「会社都合により退職」と記載します。

3.自己都合退職のメリット・デメリット

(1)メリット

  • 履歴書には「一身上の都合により退職」と記載し、経歴に傷がつかない

(2)デメリット

  • 失業保険の給付金の支給を受けるまで3カ月の支給制限期間がある
  • 勤務期間に応じて、退職金の支給額が減額される

4.会社都合退職のメリット・デメリット

(1)メリット

  • 失業保険の給付金を約1ヶ月で受けることが出来る
  • 失業保険の給付金で貰える総額が1.5~2倍に増える(150万円変わるケースがある)
  • 退職金が満額支給される
  • 早期退職制度の場合は、再就職支援(後述)や退職手当金が支給されるケースがある

(2)デメリット

  • 履歴書には「会社都合により退職」と書く必要があり、リストラされたイメージで経歴に傷がつく

自己都合退職の場合の給付日数

自己都合退職とは、労働者からの申し出によって労働契約を解除することをいいます。退職届に「一身上の都合により」と書くケースがこれにあたります。自己都合退職の場合の給付日数は、年齢などに関わらず、在職中における雇用保険の加入期間によって決定します。

自己都合退職の場合の失業保険の給付日数
年齢 加入期間
1年未満 1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
全年齢 90日 120日 150日

なお、自己都合退職の場合は待機期間が終了した後も、3ヶ月間の給付制限が設けられますので、その間は給付金を受け取ることができません。

会社都合退職した場合の給付日数

会社都合退職とは、倒産・解雇など、会社側の都合により労働契約を解除させられることをいいます。会社都合退職の場合は、労働者の意思に反して、突然離職せざるを得ないという観点から、自己都合に比べ多めの給付日数となっています。

会社都合退職の場合の失業保険の給付日数
年齢 加入期間
1年未満 1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
30歳未満 90日 90日 120日 180日
30歳以上
35歳未満
120日 180日 210日 240日
35歳以上
45歳未満
150日 240日 270日
45歳以上
60歳未満
180日 240日 270日 330日
60歳以上
65歳未満
150日 180日 210日 240日

なお、会社都合退職して失業保険の受給資格を得た方のことを、「特定受給資格者」といいます。特定受給資格者になると、3ヶ月の給付制限も撤廃されます。

1.特定受給資格者とは

会社都合により退職を余儀なくされた方については、失業保険の給付日数が多めに付与されるようになっており、この要件に該当する方のことを「特定受給資格者」といいます。

2.会社都合退職とは

会社都合退職とは、会社の一方的な都合により退職を余儀なくされることをいいますが、具体的には以下のいずれかに該当する必要があります。

  • 会社が倒産(破産、民事再生、会社更生法などの手続き)した
  • 会社の事業縮小にともない大量の離職者(1ヶ月で30名以上、または労働者の1/3以上)が発生した
  • 事業所の廃止
  • 事業所の移転により通勤が困難になった
  • 自分に非のない解雇
  • 労働契約が実際の内容と大きく異なっている
  • 賃金の未払い(2ヶ月連続して賃金の1/3を超える金額が支払われない)
  • 賃金が85%未満に低下した(することになった)
  • 退職前3ヶ月間に月45時間を超える残業をしていた
  • 職種を変更され、かつ自分の職業生活に対し会社からの配慮が全くない
  • 雇用契約書に契約期間の更新が明示されているのに更新されなかった
  • 上司や同僚からパワハラ・セクハラを受けている
  • 事業主から直接・間接的に退職の推奨を受けた
  • 会社の都合による休業が引き続き3ヶ月以上となった
  • 会社が各種法令に違反している

特定受給資格者と特定理由離職者

特定受給資格者は会社都合退職し、失業保険の受給資格を得た方のことをいいますが、似たような言葉で「特定理由離職者」というものがあります。自己都合で会社を辞めたが、そうせざるを得なかった正当な理由がある場合は「特定理由離職者」とみなされ、3ヶ月の給付制限を受けることなく失業保険を受給できることがあります。

1.特定理由離職者の認定条件

特定理由離職者として認定されるためには、離職以前の雇用保険の加入期間が6ヶ月以上あり、さらに、以下のいずれかに該当する必要があります。

  1.  有期の雇用契約が満了し、更新されなかった
  2.  体力不足・心身障害などにより業務遂行が困難になった
  3.  妊娠・出産などで退職し、かつ受給期間延長措置を受けた方
  4.  父・母の扶養介護が必要になったなど、家庭事情が急変した
  5.  単身赴任者などで、今後家族との別居生活を継続することが困難になった
  6.  結婚などで住所が変更になり、会社への通勤が困難になった
  7.  会社の人員整理などで、希望退職の募集に応じた

【※1】ⅰ~ⅶに該当する場合は、離職以前2年間に雇用保険に加入していた期間が6ヶ月以上1年未満の方についてのみ、手厚い給付日数(特定受給資格者と同等)となります。

2.特定理由離職者としての認定方法

初めに退職後に届く、離職票-2の離職理由欄を確認します。4番目の項目「労働者の判断によるもの」のいずれかにチェックが入っていると思いますが、最後「(2)労働者の個人的な事情による退職」にチェックが入っている場合は、特に離職者からの申し出がない限り、ハローワークは「自己都合退職」として処理します。

もし、特定理由離職者の条件を満たしているのであれば、ハローワークでの初回手続きの際に、必ず正確な退職理由を担当者に伝えて下さい。それが認められれば、失業保険の給付日数は大幅に増えますし、3ヶ月間の給付制限はなくなります。ただし、【※1】の条件には注意が必要です。

なお、特定理由離職者は、平成21年3月31日~平成29年3月31日に退職された方のみを対象としておりますので注意してください。

失業手当が受け取れる条件と申請

失業保険の給付金は、退職した人が誰でも受け取れる訳ではありませんし、自動的に受け取れるものでもありません。条件を満たしていることと申請が必要となります。

1.本人に働く意思と能力がある

失業保険の給付金は、退職から次の就職までの生活の保障が目的ですので、本人が働けなかったり、働く気がないと給付されません。たとえば、大きな怪我や妊娠中などは、失業手当ではなく、別の手当が受けられます。

2.積極的に求職活動を行っている

失業保険の給付金を受けるにあたり、積極的に求職活動を行っていなければなりません。「もう就職先が決まっていて、しばらく期間がある」や「収入が無いけど起業の準備をしている」「実家に戻り、家事に専念している」ような場合は認められません。

3.過去2年間で合計12ヶ月以上の雇用保険の被保険者期間がある(会社都合は6ヶ月)

失業保険の給付金は、過去の雇用保険の加入により支払われます。過去2年間で12ヶ月(会社都合の場合は6ヶ月)以上加入していなければ、認められません。自己都合退職と会社都合退職で条件が異なるので注意が必要です。

4.申請はハローワークへ

失業保険の給付金を受けるにはハローワークへの申請が必要になります。必要書類等は以下のようになります。

・離職票2種類(前職で貰えます)
・雇用保険被保険者証(退職時に貰います)
・印鑑
・写真(縦3cm×横2.4cm)
・普通預金通帳(本人名義、一部のハローワークはキャッシュカードでも可)
・本人確認証(写真付き)

転職のプロがあなたの不安を解消!

転職エージェントを利用すれば、プロのアドバイザーが自己分析や適性に合った求人の紹介、企業選びのポイント、希望の企業で働くメリットやデメリットなど、求人サイトには載っていないような魅力的な情報を提供します。

厳選した求人から希望条件に合う求人を紹介してもらえます。転職活動に必要な書類作成や面接対策などをマンツーマン体制できめ細やかにサポートしてもらうことも可能です。 登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。

また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

OB・OG訪問で差がつく!|就活を有利にするための情報収集とは?

就活の肝といわれるOB・OG訪問は、就活において差がつけやすい情報収集方法ですが、だいたい全体の4割程度しか行っていないそうです。早い人ですと3年のサマーインターン前から活動を開始している人もいるほど …

精神的に楽な仕事をしたい!|きつい仕事から解放される為にはどうする?

今の仕事がツラくて辞めたくないですか。クレーム対応ばかり、気苦労が多い、将来が不安、ノルマがきついなど、仕事をするにはこのようなことはつきものです。ならば、精神的に楽な仕事に一度落ち着いてみるのもひと …

内定保留のしかた|悪影響を及ぼさないで関係を維持する方法とは?

企業から採用内定の連絡をもらった後に行うのが内定承諾の連絡ですが、内定をもらったけど、本命の企業からの選考結果がまだ出てないから保留したい場合、内定を少しの期間保留にしてもらうという選択肢もあります。 …

面接やインターンシップを無断欠席|逆転で内定を勝ち取る方法とは?

インターンシップは職場の雰囲気など実際に会社に行って経験することができる制度になっていますが、この大切な場面で無断欠席してしまったら・・・ 本選考を諦めていませんか。心配しなくても大丈夫です。内定につ …

賞与の平均はどのくらいか?【2018年】|転職時における注意点とは?

求人情報の給与の支給条件に賞与(ボーナス)年2回、決算状況により決算賞与を年1回支給など、就職活動や転職活動をしている新卒者や既卒者、第二新卒者の人にとって、仕事探しの重要条件になります。 求人情報を …