就職・転職

企業研究のやり方次第で結果が変わる|就活を有利に進めるポイントとは?

投稿日:

この記事では就活における企業研究・業界研究の進め方を紹介します。

「就活で企業研究は大事」とよく聞くけど、具体的なやり方が分からず悩んでいませんか?

ポイントを押さえた企業研究を実践することで、業界や業種への理解が深まり、自分が行きたいと思う業界を見つけるヒントを得ることができます。

さらに、今後の面接対策の中で 志望動機の作り方・心構え・想定質問などに役立ちます。

☞ 就活に有効な無料の高精度自己分析ツールが使える『OfferBox 』とは?

企業研究の必要性

就活において、応募先の企業研究は必要不可欠です。

一般的に企業研究が必要とされている理由には大きく分けて3種類の目的があります。

・入社後のミスマッチを防ぐ
・面接時の対応の対策
・志望動機の発見に役立つ

企業研究は業界研究後を行なうとよい

業界研究で業界の状況を把握しておくと、どの企業を調べるべきかある程度絞れてきます。

多くの企業を調べるより、対象企業をある程度絞った上で、重点的に調べた方がその企業について詳しく知ることができます。

より詳しく知ることで志望動機が明確になり、面接で入社したい意欲を伝えることができます。
企業側はミスマッチによる早期退職を減らすために企業に関する情報を調べ理念を把握している就活生をとりたいと考えています。

企業研究における確認すべきポイントとは?

1.企業の特徴などを調べる

(1)企業情報

「企業理念」「設立年度」「資本金」「本社・事業所の所在地」などの基本的な情報です。

基本的な情報を知らなければ企業への理解を深めることは難しく、面接対策の一環としても基礎の部分はしっかりと固める必要があります。

(2)事業内容

企業が扱っている商品やおこなっているサービスなどはきちんと理解しておきましょう。

事業内容を知らないことには、仕事の内容を知ることもできませんし、企業で働く姿もアピールできません。

(3)福利厚生制度

「人事・教育制度」「休暇・休業制度」「保険・各種手当」など、従業員の働き方について設けられた制度です。

教育制度が充実していれば、会社からのサポートが充実していますので、働きやすく、成長しやすい環境が整っているといえます。

(4)採用情報

「採用人数」「初任給」など、その企業が行っている採用についての情報です。

「募集職種」「選考プロセス」「応募・選考時提出書類」など、応募に際して重要な情報が含まれていますので確認する必要があります。

☞ オファー型就活サイト『OfferBox 』とは?

業界での位置づけや他社との違いを知る

その企業が属する業界全体を俯瞰(ふかん)して、同業他社との違いを確認しましょう。

同業他社と比べたときに、その企業の特徴や魅力を理解することが大切です。

たとえば、次の3つの点で着目してみると、各企業の違いが見えてきます。

1.取引先・販売先の違いや業態の違い

企業や法人を相手に事業を行っているのか、一般消費者を相手に事業を行っているのかなど、ビジネスの相手の違いがあるか着目します。

また、同じ業種でも、取り扱う商材の分野や領域の広さに違いがあるか着目します。

2.事業規模の違い

一般的に企業の規模を見るには、売上高、営業利益、従業員数、資本金などを確認するとよいでしょう。

売上高から大体の事業規模が推測でき、売上高や営業利益額などの推移を見れば、業績のトレンドもつかめます。

3.資本構成の違い

企業グループに属しているグループ会社、そうした企業グループに属していない独立系、外国法人(あるいは外国人)が出資する「外資系」など、資本構成の違いは、事業戦略や人事制度や社風、福利厚生などの違いに表れます。

自分の志向と企業とのマッチング具合を分析

その企業について「良いと思う点」「気になる点」を挙げ、自分の志向と照らし合わせることで、自分に合っている企業なのかどうかを分析してみましょう。

たとえば、「良いと思う点:会社の歴史が長い」「気になる点:3年離職率が高い」だった場合、自分の志向が「安定した経営を続けている企業で、長期間に渡って、じっくりと実力をつけたい」ものとします。

その企業との相性については、この時点では一致していませんが、離職率が高い理由などを分析して、乗り越えられ、長期間勤めることができるのかなど、さらなる研究によって一致点を見いだすことができるか確認が必要になるかもしれません。

まとめ

企業研究は、自分と企業とのマッチングをするうえで、企業を知るための大切なプロセスです。

自分の志向に合った企業に巡り合えるまで、粘り強く続けましょう。

簡単にあなたの強み・特徴や向いている仕事がわかるOfferBox の適性診断!

就活準備に役立ててください。

【就活生の4人に1人が登録!】オファー型就活サイト『OfferBox<オファーボックス>』

OfferBoxは、逆求人サービスにおける利用企業数業界1位です。

しかも、自己分析テストや就活イベントもある逆求人に留まらない就職サイトです。

利用企業数 5600社以上(2019年12月時点の実績)で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)などが利用しています。

オススメするOfferBoxのポイント3つ

  • 大手からベンチャーまで数多くの企業からのオファーが来る!
  • 高精度な自己分析ができる!
  • 単なる逆求人サイトに留まらずイベントが豊富!

学生に対して一斉スカウトメールを送れない仕組みをとっているため、迷惑メールがなく、プロフィールや強みをしっかり見たうえで、スカウトメールが届くので安心です。

また、OfferBoxには高機能な自己分析ができる「AnalyzeU+」と他己分析もできる「適性診断360度」があります。

これらの適性診断の結果をもとに、自己PRをさらに磨くことができます。

さらに、選考直結するインターンや業界研究まで様々なイベントに参加することができます。

まずは、あなたの価値を知るために自己分析からはじめましょう。

無料登録 ☞ OfferBox

この他にも特色のある就活サイトがあります。

興味のある方はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

内定保留のしかた|悪影響を及ぼさないで関係を維持する方法とは?

企業から採用内定の連絡をもらった後に行うのが内定承諾の連絡ですが、内定をもらったけど、本命の企業からの選考結果がまだ出てないから保留したい場合、内定を少しの期間保留にしてもらうという選択肢もあります。 …

就活の自己分析に役立つ診断ツールとは?|客観的な診断結果の利用法

この記事では就活でよく行われる自己分析について、役に立つ診断ツールを紹介します。 就活に必須と言われる自己分析ですが、なんとなく重要だと感じていても、就活における自己分析は何を目的として行うのか、疑問 …

就活写真で合否が決まる?|内定獲得は写真の出来(値段)で決まるのか?

就活等においてエントリーシートや履歴書などに添付する証明写真は極めて重要となります。 写真館やフォトスタジオでプロに撮影してもらうか、街角に設置されている証明写真機などを利用するかのどちらかになるでし …

ベンチャー企業への転職|ストックオプションでモチベーションアップ!

ベンチャー企業の激務と不安定性に耐えるには、自分にとっての経済的条件は別にしてでも、「このビジネスを成功させたい」という仕事自体に対するモチベーションが必要です。 転職の際、ストックオプションを目的に …

市役所(地方公務員)の志望動機|書き方のポイントとは?【例文あり】

市役所職員というと安心・安定のイメージがあり、「定時で帰れて、給与も上がっていくから市役所の職員になろう」と簡単に考えてしまう人も多いでしょう。 民間よりも楽だと勘違いをして試験を受けると不合格になっ …