就職・転職

エントリーシートの自己PR|内定獲得に繋がる書き方のコツとは?

投稿日:2020年3月13日 更新日:

この記事ではエントリーシート(ES)の志望動機の書き方について紹介します。

ES選考は、就職活動の最初の関門ですが、どのようにESの志望動機を書けば選考を突破できるのか分からず、悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?

ここを突破できなければ、あなたがいくら良い人材でも、残念ながら内定を得ることはできません。

実はESの選考突破のポイントというものがあり、そのポイントを押さえてESを作成すれば、就活を有利に進めることができます。

エントリーシートとは?

エントリーシートとは、企業への就職を希望する人が提出する書類のことですが、このエントリーシートは履歴書とは異なり、資格や経歴などを見るものではありません。

履歴書だけでは就活生の人柄や性格を推し測ることは難しく、企業によって欲しい人材は異なりますので、欲しい人材を選抜できるようにオリジナリティあふれる自己PRも含めて企業はエントリーシートを独自で用意しています。

企業がどのような人物に入社して欲しいのかを理解して、自分の魅力や熱意といった部分を会社に売り込むためにエントリーシートを作成する必要があります。

自己PRと志望動機の違い

エントリーシートを的確に書くためには、自己PRと志望動機の違いを理解しておく必要があります。

この違いを理解しないままエントリーシートを作成してしまうと、採用担当者に評価されない印象の薄いものが出来上がってしまいます。

自己PRは「過去」の経験などによるアピールで、志望動機は「未来」をイメージしたアピールです。

つまり、

  • 自己PR → 仕事へのこだわりや強み、その成果
  • 志望動機 → 応募企業を選んだ理由と、入社後に実現したいこと

を書くということです。

自己PR作成時の注意点

自己PRを作成する際には、志望動機の内容とかぶらないように意識するのは大切ですが、どの業種にも当てはまるものにすることも意識するようにしましょう。

どの業種や、業界にでも当てはまる志望動機の書き方では、採用担当者に熱意は伝わりません。

志望する会社の業種や業界に合致して、かつ分かりやすく具体的な志望動機を考えるようにしましょう。

自己PRの書き方のポイント

自己PRを作成する際に盛り込むべき要素と構成は以下の3段構成を意識するとよいでしょう。

1.自分のパーソナリティ

自分がどのような人間で、会社に入ったらどのような形で貢献するのか採用担当者にイメージできるようにする必要があります。

‌自分自身のパーソナリティを洗い出し、企業の求める人物像と擦り合わせることが必要になります。

‌一方で、企業が採用したい人物像に対し、自分自身の特性をどのようにアピールするのかという戦略は忘れないようにしましょう。

2.強みを裏付けるエピソード

根拠なく自分のパーソナリティを伝えても、納得してもらえませんので、その裏付けとなるエピソードを伝える必要があります。

‌過去の自分史を洗い出し、パーソナリティを発揮した事実やそれが形成された原体験に着目してみましょう。

個々の経験を掘り下げたり、比較したりすることで、ようやく見えてくるのがあなたのパーソナリティです。

自分自身の経験から見出した強みは、根拠を伴った説得力になります。

3.強みが会社でどう活きるのか

採用担当者は自己PRを通して、どのような形で会社に貢献するのか判断します。

‌自分のパーソナリティとその根拠となるエピソードを伝え、どのように会社に貢献できるのかを述べることで、採用するメリットを訴求できるのです。

自身の強みがどう活きるかを自己PRで言及するには、その業界の構造や仕事内容の特徴についての理解が必要になります。

その企業で活躍するには、どんな能力や資質が必要か、業界、企業研究は事前に行うよう心がけましょう。

まとめ

エントリーシートは就活の第一関門です。

毎年「書類選考で通らず、面接に進めない」と悩む就活生がたくさんいます。

大切なのは、読み手の立場を意識することです。

エピソードの内容はもちろん、文章の構成、伝え方にも注意しましょう。

書き終わった後は、何度も見直した上で、他者に読んでもらうことで完成度がより高くなります。

独りよがりの文章になっていないか、確認方法として就活のプロに判断してもらうことをオススメします。

キャリアパーク就職エージェント【キャリアパーク】

キャリア特化型メディア「キャリアパーク」が運営する、就職活動を支援するサービスです。

就活での悩みはさまざまあり、自分で解決することが難しい悩みもあります。

  • いつも書類選考で落ちてしまう
  • 面接に自信がない
  • 将来やりたいことが見つからない
  • 自分にあった最適な企業が見つからない

これらのような悩みがあっても専属の就活アドバイザーが解消し、就活対策から企業紹介、内定までをサポートします。

○キャリアパークのセールスポイント

  • 厳選した大手グループ、東証一部上場企業、急成長ベンチャー、優良企業など様々な企業の中から、あなたに合った企業を紹介
  • ESや一次選考免除などの特別推薦ルートへ案内
  • 自己分析、ES、面接、グループディスカッションなど充実の選考対策を実施

どのように進めればいいのか分からない方でも大丈夫、まずは無料相談の申し込みからはじめましょう。

無料相談 ☞ 【キャリアパーク!就活エージェント!】

この他にも特色のある就活サイトがあります。

興味のある方はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

面接辞退メールのポイント|失礼のないの無難な断り方のコツとは?

就活では第一志望から内定を貰ったなど、様々な事情で他に応募している企業の面接の辞退を連絡する時があります。 面接の時間を割いて頂いている企業や選考途中の企業に対して辞退するのは気が引けるものです。 失 …

就活のプレエントリーはエントリーとどう違う?|選考への影響はある?

新卒の就職活動が解禁すると最初に行うのが「プレエントリー」です。 企業の選考に参加するためには、その企業に「プレエントリー」をしなければいけません。 このプレエントリーとエントリーの違いは何でしょうか …

日程調整メールのポイント【例文付】|就活での評価を上げる書き方とは?

就職活動中には、応募先の企業と面接の日程調整をメールでやり取りする機会がありますが、どのように返信すればよいのか、悩んだことはないでしょうか。 面接の日程調整をメールで行う場合に気をつけたいポイントや …

転職に年齢制限はあるのか?|年齢に応じた成功する企業選びを紹介

転職をするなら35歳までなんていわれていたこともあり、年齢的な部分で転職に不安を感じている人が多いです。一般的には年齢が高くなれば不利になるといわれていますが、何歳であろうと実際に転職に成功した人は多 …

志望動機の例文で書き方のコツを掴む!|採用担当者が見るポイントとは?

応募先への熱意・意欲を自分の言葉で自由に伝えられる応募書類の志望動機欄は自分を一番アピールできる場所といえますが、書き方に悩む人も多いです。 特に新卒採用では、「志望動機」が非常に重要になります。 中 …