就職・転職

ベンチャー企業への転職|ストックオプションでモチベーションアップ!

投稿日:2017年9月29日 更新日:

ベンチャー企業の激務と不安定性に耐えるには、自分にとっての経済的条件は別にしてでも、「このビジネスを成功させたい」という仕事自体に対するモチベーションが必要です。

転職の際、ストックオプションを目的にする人もいますが、ストックオプションがあってもなくても、自分にとって魅力的な会社が否かで判断し、ストックオプションはプラスαの要素と思った方が賢明です。

しかし、社員のモチベーション向上に寄与する報酬制度の一つとして、ストックオプションを導入している会社は従業員に積極的に成果を目指してもらう意図があるため、会社の業績に責任を持つようになり、仕事に対する姿勢がより緊張感を持ったものになります。

このような会社を転職先に選ぶとより充実したものになるでしょう。

ストックオプションとは

ストックオプションとは、予め決められた価格で自社株を買う権利をいいます。予め決められた価格が時価より安かった場合、この権利を与えられた者はその権利を行使して利益を得ます。

そのしくみとは、ストックオプションを付与された社員は会社の株価が上昇した際にストックオプションによって優遇された価額で、定められた数量の株式を取得し、売却することができます。市場での株価との差額が、株式を取得した社員にとっての利益になるのです。

これによって、会社は役員や従業員の勤労意欲や士気を高め、一方で会社は株価の値上り益を通じて、役員や従業員に将来の報酬を与えることができます。

たとえば、現在の株価が1株1,000円であるときに、企業が役員や従業員に対して「今後4年間であればいつでも1,000円で1000株まで当社の株を買っても良いですよ」というストッオプションを付与するケースを考えます。

もし、役員や従業員が頑張ることで会社の業績が伸び、株価が2,500円に上がったとすれば、ストックオプションを付与された役員や従業員は、2,500円の価値がある株を1,000円で買える訳ですから、権利行使してすぐに売却すれば1株あたり1,500円の利益が上がり、1,000株であれば150万円の収入を得ることが出来るのです。

もちろん、購入した株式をそのまま資産として保有し続けることもできます。

反対に、業績が悪くなってしまい、株価が下がってしまった場合はストックオプションの権利を行使しなければ、株式を購入したことにはなりませんので、ストックオプションを付与された役員や従業員がそれだけで損をすることはありません。

ストックオプションは、こんな会社に向いている

  • 一定の能力や技術を持った人を会社に迎えたいが、開業後間もないため高額の報酬が与えられないときに将来の報酬を約束する方法となる。ベンチャー企業でよく使われます。
  • 将来株価が大幅に上昇した場合、その効果が大きくなるので将来の株式公開を目指す会社に向いている。

ストックオプションの歴史

ストックオプションの導入は1980年代の米国です。シリコンバレーのハイテク・ITベンチャー企業が上場し、高額のストックオプション益を手にする人が続出して話題となりました。日本では、1997年までストックオプション制度は認められていませんでした。

しかし、1995年の新規事業法改正により、同法の認定を受けた特定新規事業の実施に必要な人材を円滑に確保するために役員や従業員に対して有利な発行価額で新株を発行できることを株式非公開企業に限って認めた頃から制度化に向けた動きが始まりました。

また、ソニーやソフトバンクが新株引受権(会社が発行した株式を優先的に引き受ける権利)を行使した擬似ストックオプション制度をが取り入れており、こうしたニーズや、当時株価が大幅に下落したことを受けて1997年、景気対策の一環として商法上初めてストックオプションという制度が設けられました。

しかし、この時点では、まだ付与対象者や発行数に制限があるなど、いくつかの使い勝手の悪さがありました。そのような点を改善するために「新株予約権」という権利をつくり、ストックオプション制度を改善したのです。

この新株予約権のうち、インセンティブ目的で社員や取締役に対して付与される場合が一般的にいう「ストックオプション」です。社員や取締役に新株予約権が付与された場合は、税務や証券取引上でいくつかの優遇処置が認められている為、非常に有利であるというイメージがついたのです。

ストックオプションで「夢」を実現?

株式は安いときに購入して高いときに売ることでキャピタルゲインを得ることができます。最もキャピタルゲインを期待できるのは、立ち上げて間もないベンチャー企業です。ベンチャー企業が成功すれば、購入した株式は何倍にも膨れ上がって手元へ帰ってきます。

ベンチャー企業では、採用の際にストックオプションを含めた報酬が与えられることがあります。ストックオプションとは前もって自社株を決められた価格で買い付ける権利のことです。

自社株なので、手放すタイミングも見定めやすく、自分の働き次第で株価を上げることができるため仕事へのモチベーションにもつながります。最近の若い経営者は、従業員にモチベーションを与えるため、最初からストックオプションを活用し、IPOを意識した経営を行っています。

全体の株価も底を打ち、これからは日本企業の実力が正当に反映される時代になります。そのような企業を狙って転職すれば、資産形成の一助となる可能性があります。株主重視経営と従業員への自社株を活用したインセンティブ給付は、車の両輪のようなものです。

両方とも、これからの企業では当たり前の考え方になるでしょう。単にバブルを期待するのではなく、仕事をする上でのモチベーション維持と将来への投資という意味で、持ち株・ストックオプション導入企業を転職先候補に考えることも必要かもしれません。

転職のプロがあなたの不安を解消!

転職エージェントを利用すれば、プロのアドバイザーが自己分析や適性に合った求人の紹介、企業選びのポイント、希望の企業で働くメリットやデメリットなど、求人サイトには載っていないような魅力的な情報を提供します。

転職エージェントの成約料を払うことが難しい立ち上げて間もないベンチャー企業は見つけられませんが、伸び盛りのベンチャー企業を紹介してもらうことは可能です。

厳選した求人から希望条件に合う求人を紹介してもらえます。転職活動に必要な書類作成や面接対策などをマンツーマン体制できめ細やかにサポートしてもらうことも可能です。 登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。

また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

仕事のモチベーションが上がらない|転職を考えるべきか?

なぜか疲れを感じ、仕事する意欲が湧かない、モチベーションが上がらず一向に作業が進まない。仕事をする上で、意欲的に考え行動することが大切だと分かっていながら、どうしてもやる気が出ないことがあります。 一 …

転職で資格があると有利になるのか?|実務経験のアピールで逆転可能か?

転職を意識したときに、有利な資格を取得したいと思ったことはありませんか。転職するなら資格の一つは持つ必要があると考えて、慌てて調べ始めた人も多いのではないでしょうか。転職活動において、自分のスキルを客 …

企業の社会的責任(CSR)とは?|CSR活動から優良企業を見つける!

CSR活動という言葉をよく聞きます。企業の社会貢献活動と訳されますが、具体的な表現ではないのでわかりにくいです。中にはCSR=ボランティア活動と認識している人もいます。 CSRの捉え方、考え方はさまざ …

採用内定の辞退のしかた|失礼のない無難な断り方のポイントとは?

いくつかの会社から採用の内定を貰ったというと、同時に頭を悩ませるのがどのように断るかになります。人材の売り手市場を背景に、採用の内定を辞退する人が増加しています。特に就活後半にさしかかると頻繁にその機 …

キャリアプランの描き方・考え方|面接で好印象を与える回答とは?

社会人になるにあたり、ご自身のキャリアついて考え始めた方も多いと思います。働く以上はキャリアプランを意識すべきだという考えがあります。キャリアプランを描くことは、将来の自分の目標を明確にし、就職活動を …