仕事と技術

キッティングとは?|社内で行うかそれともアウトソーシングするべきか

投稿日:2018年5月28日 更新日:

パソコンの入れ替え時に必要な業務に、「キッティング」があります。

パソコンをはじめオフィスで使用するシステム機器のほとんどは導入してスイッチを入れるだけでは稼働しません。

各種ソフトウェアのインストール、機器本体に対するオプション機器の増設といった作業が不可欠です。

普段、会社から支給されている様々なIT機器は程度の差はあれキッティングを必ず行っています。

従業員の手を煩わせることなくすぐ使えるようにするため、またはセキュリティのために重要な事前準備をしています。

☞ 市場価値診断から本当のキャリアパスを見出す『MIIDAS(ミイダス) 』とは?

キッティングとは

英語の kitting は「装備を付けさせる」、「配備する」の意味があり、ITの世界でのキッティングとは、コンピュータや通信機器などを導入したり配備したりする際に必要な作業を指します。

たとえば、パソコンの場合、メモリの増設、OSの変更、アンチウイルスソフトのインストールなどが挙げられますが、グループウェアや会計システムのインストール、ネットワークの整備、ID登録、職種や階層によって使用できるシステムやアプリの制限をかけるなど必要となる事前準備作業は多岐に渡ります。

企業でパソコンを導入する際、従来は情報システム部門の人がこうした設定を行うことが多くありました。

しかし、最近ではコスト削減のために外部の業者に委託したり、あらかじめ設定されている状態で納品させるケースが増えています。

こうした一連の作業のことを一般にキッティングといいます。

もちろんパソコン以外の機器も、それぞれの使用状況に応じた初期設定が必要で、そういった作業もキッティングといいます。

社内で対応するキッティングの懸念とは?

1.時間が掛かる

通常、キッティングはまとまった台数に対して行われるため、物理的に時間が掛かります。

対応する担当者もキッティングの専門家ではないため、技術的なレベルの問題や通常の業務に追加して作業を行うため、スケジュール通りに作業が完了しない場合があります。

2.見えないコストが掛かる

まとまった台数のキッティングを行う場合、相応の時間が必要となります。

短期間で対応を完了させるためには残業が必要となり、「見えないコスト」が積み重なっていくことも考えられます。

キッティングを「出してつなげるだけの単純作業」と捉えていると見えない損失に気付きにくくなります。

3.設定ミスが起こることも

社内の担当者レベルでは小さな設定ミスをする可能性が大いにあります。

これにより社内ネットワークに接続できない、業務で使用するアプリケーションが利用できない場合があり、通常業務に支障を来すことがあります。

軽視されるセキュリティ対策

ネットを介した情報漏えい事故や事件があるなかで従業員の良心を前提にした機器の貸与は、会社としてあまりにも無防備です。

「従業員を信じている」「滅多に起きないケース」「可能性の話をしても仕方ない」と考え放置してしまうと万が一事故があった場合、相当な損失となる可能性があります。

企業がキッティングを行う際に最も重視すべきことは機密情報や個人情報の漏洩を防ぐため、セキュリティ対策を徹底することです。

具体的には「使用ソフトウェアの制限」「ファイアウォールの設定」などが挙げられますが、ウイルス感染リスクを含めた運用時はもちろんのことキッティングの時点で充分なセキュリティ対策を行うことが重要になります。

☞ 転職に役立つ市場価値診断に『MIIDAS(ミイダス) 』を利用するメリットとは?

効率的なキッティングを行うにはどうすればよいか?

新入社員が集中する時期など、キッティングは一時的な業務でありながらも、機密情報や個人情報の保持に関連する重要で手間のかかる作業であり、これをミスなく効率よく進めるために社内で対応する場合、担当者に大きな負担を強いられがちになります。

こうしたキッティングに関する課題はアウトソーシングすることにより、大部分を解決することが可能です。

コストを含めた社内事情や規模に応じ、適切な判断を行うことが作業効率化につながるといえます。

キッティングは社内で行うよりアウトソーシングしたほうがよい

社内の担当者の負担になると予測できるのであれば、数量に関わらずアウトソーシングした方がよいでしょう。

アウトソーシングすると以下のようなメリットがあります。

1.作業負担の軽減

社内でこれらの作業を行うと通常業務に支障を来すため、アウトソーシングすることで実作業や検証作業は大きく軽減されます。

その他、計画やスケジュール管理、初期不良対応やアフターフォローなどの負担も軽減できます。

2.作業をルール化できる

ある程度の手順をルール化しておくことでミスなく無駄なく作業を行うことができます。

特に定期的に機器を購入する場合は効果が大きくなります。

3.専門知識を入手

最新のIT情報、セキュリティ情報を提案してもらうことができます。

社内で考える以上に有効な手段に気づくこともあるかもしれません。

200万人の年収データから、あなたの市場価値を見出す『MIIDAS(ミイダス)』

ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値をデータ分析して、あなたを求める企業から直接オファーが届くサービスです。

【無料で使える3つの診断コンテンツ】

  • 市場価値診断
  • コンピテンシー(行動特性)診断
  • パーソナリティ(人格)診断

「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断・分析することで、より自分にマッチしたオファーを受け取ることができます。

【オススメするミイダスのポイント3つ】

  • オファーは書類選考合格済み(面接確約)
  • 求人を検索しなくても、待つだけで企業からオファーやメッセージが直接届く
  • 7万人の転職データを公開。自分と同じ経歴の人がどこに転職したのかが分かる

ミイダスは面接確約オファーのみ。

まずはあなたの価値を知るために市場価値診断からはじめましょう。

無料登録 ☞ MIIDAS(ミイダス)

この他にも特色のある転職サイトがあります。

興味のある方はこちらをご覧ください。

-仕事と技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

営業のコツとは?|成功率を高める方法を身につけて契約を勝ち取る!

営業はその場しのぎの天性のセンスでやるものではありません。 営業マンは自分を売り込めとよくいわれますが、自己主張と自己PRは別物です。 また、営業は気合いで営業は断られてからが勝負といっても営業は気合 …

「ご足労」の意味と使い方|ビジネスシーンではどう使うべきか?

ビジネスシーンでも、打ち合わせで会社にやってきた取引先の人などを労うときなどに「ご足労」という表現を使うことがあります。 この「ご足労」の意味を理解していますか。 目上の人へのビジネスメールに使っても …

社内ニートになってしまった!|転職せずに脱出を目指すか転職するか

会社に行っても仕事がない。近頃、よく聞く「社内ニート」。その意味は、「会社内」と「ニート」の組み合わせ通り、社内の仕事が与えられず、ニートのように暇を持て余している人のことをいいます。 かつては働く気 …

「退社」「退職」「退勤」の違い|それぞれ意味や正しい使い方とは?

会社勤めの人にとって電話対応は避けては通れないものです。 たとえば、電話がかかってきて、担当者がすでに家に帰ってしまっている場合、どのように答えますか。 「○○はすでに退社(退勤、帰宅)しております」 …

源泉徴収票の発行時期は?|再発行は可能か?必要になるケースは?

給料の支払いを受けている人に発行される「給与所得の源泉徴収票」は、会社が年末調整の時に使用しますので一般的には毎年12月ですが、源泉徴収票が発行される時期は企業によって異なります。 源泉徴収票は確定申 …