仕事と技術

アウトソーシングの意味とは?|転職先として選ぶ際のポイントとは?

投稿日:2018年6月8日 更新日:

アウトソーシングは外部(アウト)からの調達(ソーシング)を意味します。すべての業務を社内だけで完結している企業は存在しないでしょう。アウトソーシングは、仕事を担う人やサービスを、契約によって外部から調達し、企業活動に生かす経営手法です。

たとえば、経理の仕訳や製品の輸送、Webサイト制作など様々な外部の力を借りています。また、現在はクラウドソーシングなども多く活用されているため、アウトソーシング選択のハードルは以前に比べて低くなっています。

今では一般的となったアウトソーシングですが、導入開始時は、会計・税務などの定型的でかつ外部専門家に委託すること、高い品質が実現できる業務や工場の作業外注などの繰り返し作業業務がコストが安く、アウトソースの対象となっていました。

今後はコア事業・業務だけを社内に残して、ノンコアの部分は外注・アウトソースまたはツール(システム)化する動きはますます加速していくことが予想されます。

アウトソーシングの意味

アウトソーシングとは、社内の組織で賄っていた業務を外部の会社に委託するという意味です。もしくは、新たに行う事業の一部を外部の会社からサービスを購入し、委託するという意味です。

アウトソーシングの目的は、品質やサービスの向上やコスト削減など、さまざまあります。外部の会社に業務を委託することで、これまで社内で賄っていた煩雑な業務を整理することも可能になります。

一部の業務をアウトソーシングすることによって、貴重な人材を新規ビジネスを立ち上げに生かすことも可能になります。

アウトソーシングのメリット・デメリット

企業が生き残っていく上でアウトソーシングは経営戦略として重要な位置付けとされますが、さまざまなメリットやデメリットがあります。

1.アウトソーシングのメリット

(1)人件費の削減

専門的な高度な業務を専門業者に外部委託することで、人件費を変動費化させる点が挙げられます。そのため、限られた経営資源(ヒト・モノ・カネ)を有効に活用でき、事業への「集中と選択」が可能となります。

また、人件費の固定化を防ぐだけでなく、スタッフに派遣による人材確保により、育成費用も削減できます。アウトソーシングを導入する理由として、真っ先に人件費の削減を掲げる企業が多くあります。

(2)企業競争力の強化

アウトソーシング導入は企業が持つ経営資源を効率的に活用するための経営戦略といえます。顧客のニーズが多様化・複雑化しているため、企業は顧客ニーズを迅速にキャッチし、柔軟に対応しなければいけません。

従業員が行なっていた業務の一部をアウトソーシングすることによって、コア事業に経営資源を集中させることができます。その結果、企業が持つ企業競争力の強化につながります。

(3)業務の品質向上と効率化

アウトソーシングを活用する場合、委託先となる企業は専門性の高い業務遂行能力を持っています。そのため、業務経験のない企業が最初から部署を設立し、運用するよりも品質が高くなるメリットがあります。また、迅速に対応できることから、時間的コストも省くことができます。

自社で全ての業務を賄うよりも一部の業務をアウトソーシングすることで、業務の効率化につながりやすく、組織のスリム化につながります。

2.アウトソーシングのデメリット

(1)社内ノウハウが蓄積できない

業務を外部委託することで費用や時間的コストを削減できる反面、専門性の高い業務の知識や経験を自社で蓄積できないデメリットがあります。

自社でノウハウが蓄積できていないため、アウトソース先の企業の事業撤退や倒産の際に、一定期間、社内機能がマヒするリスクがあります。

(2)ガバナンスの弱体化

社内業務を外部の会社にアウトソーシングすることで、業務がどのように進められているかを把握する機会が失われ、ガバナンス(企業統治)が弱体化するデメリットがあります。

アウトソースした業務のどの工程で効率化や品質向上しているのかが見えにくいために、委託先との認識がずれる可能性があります。

(3)情報漏洩リスクの増加

情報システムの発展に伴い、個人情報保護の観点から企業には情報管理の徹底が求められています。

アウトソーシングの業務範囲は一般事務・受付作業以外にも個人情報を扱う人事関連やカスタマーサポート、データセンターの運営、情報システムの構築なども含まれるようになり、委託先の会社が個人情報を含む企業機密を扱う機会が増えています。

そのため、業務をアウトソーシングする際は、機密情報が漏洩するリスクがあります。個人ハッカーだけでなく、国家単位でのサイバー攻撃も珍しくなくなり、その脅威は日に日に増しています。

また、強固な情報セキュリティ体制を構築している委託先でも従業員のモラル低下による情報漏えいのリスクがゼロではないため、アウトソーシングを活用する際は情報漏えいリスクを考慮した上で実行可否の判断をしなければいけません。

アウトソーシング・サービス会社を転職先として選ぶ際のポイント

経営効率化を目的としてリストラが進む一方で、効率化の対象となった部門や業務の一部または全部を外注する「アウトソーシング」が活発化しています。

多くの企業が経営の効率化と新しい事業を具体化し、企業として生き残るために外部資源(アウトソーシング・サービス会社)を活用しようという方向に向かっています。

この状況下で転職先としてアウトソーシング・サービス会社を選択する際には、将来にわたって生き残れる会社かどうかを判断することがとても重要になります。その判断の一番のポイントは、アウトソーシングに対応できるだけのノウハウや実績を持っているかどうかです。

ノウハウや実績を持っているかについては、固定的な得意先を抱えるアウトソーシング・サービス会社よりもむしろ、短期的な業務を数多くこなしているアウトソーシング・サービス会社の方がノウハウの蓄積は大きく、時代の変化やニーズの多様化にも対応できる企業であるといえます。

受注業務が短期的であればあるほど、その都度の業務内容も変わります。その時々の受注内容に応じて、スタッフの教育訓練やモチベーションに関するマネジメントが欠かせない要素となります。

アウトソーシング・サービス会社がスタッフのスキルアップのためにどのような教育訓練制度を持っていて、成果に応じた評価システムがどうなっているのかなどをしっかり確認することが必要になります。

転職先で悩んでいませんか? 転職のプロがあなたの不安を解消!

どのアウトソーシング・サービス会社がよいのか。判断に迷いがあるようであれば、転職エージェントの利用をオススメします。

転職エージェントを利用すれば、プロのアドバイザーが自己分析や適性に合った求人の紹介、企業選びのポイント、希望の企業で働くメリットやデメリットなど、求人サイトには載っていないような魅力的な情報を提供します。

厳選した求人から希望条件に合う求人を紹介してもらえます。転職活動に必要な書類作成や面接対策などをマンツーマン体制できめ細やかにサポートしてもらうことも可能です。 登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。

また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-仕事と技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

プレゼンの話し方のコツはこれだ!|シンプルで実践できる極意とは?

会議で自分の企画を発表したり、取引先に自社の新商品を売り込んだりするために「プレゼン」を行うことがあります。しかし、よい企画や新商品があっても「話す」スキルが低いとセールスポイントを相手に伝わらず、商 …

フレックスタイム制で効率的な働き方を実現!|メリット・デメリットは?

フレックスタイム制と聞くと、とても柔軟な制度であり、労働者にとっても使用者にとっても効率的な労働環境を構築することに一役買ってくれます。柔軟な働き方で通勤ラッシュに遭わずに済むというイメージを持ってい …

返信用封筒の折り方のマナー|相手が嬉しくなるちょっとした気遣いとは?

ビジネスの場では、返信用封筒を作成・送付する機会がよくあります。その際に気になるのが、返信用封筒の折り方です。返信用封筒にはいろいろなサイズ(角2、長3等)があり折り方一つでもルールがあるのか気になり …

「参事」とは役職名なのか?|会社内ではどのような立場の人なのか?

部長・課長といった一般的な役職ではないものも増えてきており、相手がどんな立場でどんな責任を持っているのかが掴みにくくなってきています。中でも参与や参事を良く聞きますが具体的にはどのような役職なのでしょ …

「ご査収」の意味と使い方|ビジネスにおける使用上の注意点とは?

「ご査収」はプライベートの会話には絶対と言っていいほど登場しない言葉ですが、ビジネス文書や各種データを添付ファイルとして送る、ビジネスメールでよく目にします。この「ご査収」という言葉を正しく使えていま …