仕事と技術

アウトソーシングの意味とは?|転職先として選ぶ際のポイントとは?

投稿日:2018年6月8日 更新日:

アウトソーシングは外部(アウト)からの調達(ソーシング)を意味します。

すべての業務を社内だけで完結している企業は存在しないでしょう。

アウトソーシングは、仕事を担う人やサービスを、契約によって外部から調達し、企業活動に生かす経営手法です。

たとえば、経理の仕訳や製品の輸送、Webサイト制作など様々な外部の力を借りています。

また、現在はクラウドソーシングなども多く活用されているため、アウトソーシング選択のハードルは以前に比べて低くなっています。

今では一般的となったアウトソーシングですが、導入開始時は、会計・税務などの定型的でかつ外部専門家に委託すること、高い品質が実現できる業務や工場の作業外注などの繰り返し作業業務がコストが安く、アウトソースの対象となっていました。

今後はコア事業・業務だけを社内に残して、ノンコアの部分は外注・アウトソースまたはツール(システム)化する動きはますます加速していくことが予想されます。

アウトソーシングの意味

アウトソーシングとは、社内の組織で賄っていた業務を外部の会社に委託するという意味です。

もしくは、新たに行う事業の一部を外部の会社からサービスを購入し、委託するという意味です。

アウトソーシングの目的は、品質やサービスの向上やコスト削減など、さまざまあります。

外部の会社に業務を委託することで、これまで社内で賄っていた煩雑な業務を整理することも可能になります。

一部の業務をアウトソーシングすることによって、貴重な人材を新規ビジネスを立ち上げに生かすことも可能になります。

アウトソーシングのメリット・デメリット

企業が生き残っていく上でアウトソーシングは経営戦略として重要な位置付けとされますが、さまざまなメリットやデメリットがあります。

1.アウトソーシングのメリット

(1)人件費の削減

専門的な高度な業務を専門業者に外部委託することで、人件費を変動費化させる点が挙げられます。

そのため、限られた経営資源(ヒト・モノ・カネ)を有効に活用でき、事業への「集中と選択」が可能となります。

また、人件費の固定化を防ぐだけでなく、スタッフに派遣による人材確保により、育成費用も削減できます。

アウトソーシングを導入する理由として、真っ先に人件費の削減を掲げる企業が多くあります。

(2)企業競争力の強化

アウトソーシング導入は企業が持つ経営資源を効率的に活用するための経営戦略といえます。

顧客のニーズが多様化・複雑化しているため、企業は顧客ニーズを迅速にキャッチし、柔軟に対応しなければいけません。

従業員が行なっていた業務の一部をアウトソーシングすることによって、コア事業に経営資源を集中させることができます。

その結果、企業が持つ企業競争力の強化につながります。

(3)業務の品質向上と効率化

アウトソーシングを活用する場合、委託先となる企業は専門性の高い業務遂行能力を持っています。

そのため、業務経験のない企業が最初から部署を設立し、運用するよりも品質が高くなるメリットがあります。

また、迅速に対応できることから、時間的コストも省くことができます。

自社で全ての業務を賄うよりも一部の業務をアウトソーシングすることで、業務の効率化につながりやすく、組織のスリム化につながります。

2.アウトソーシングのデメリット

(1)社内ノウハウが蓄積できない

業務を外部委託することで費用や時間的コストを削減できる反面、専門性の高い業務の知識や経験を自社で蓄積できないデメリットがあります。

自社でノウハウが蓄積できていないため、アウトソース先の企業の事業撤退や倒産の際に、一定期間、社内機能がマヒするリスクがあります。

(2)ガバナンスの弱体化

社内業務を外部の会社にアウトソーシングすることで、業務がどのように進められているかを把握する機会が失われ、ガバナンス(企業統治)が弱体化するデメリットがあります。

アウトソースした業務のどの工程で効率化や品質向上しているのかが見えにくいために、委託先との認識がずれる可能性があります。

(3)情報漏洩リスクの増加

情報システムの発展に伴い、個人情報保護の観点から企業には情報管理の徹底が求められています。

アウトソーシングの業務範囲は一般事務・受付作業以外にも個人情報を扱う人事関連やカスタマーサポート、データセンターの運営、情報システムの構築なども含まれるようになり、委託先の会社が個人情報を含む企業機密を扱う機会が増えています。

そのため、業務をアウトソーシングする際は、機密情報が漏洩するリスクがあります。

個人ハッカーだけでなく、国家単位でのサイバー攻撃も珍しくなくなり、その脅威は日に日に増しています。

また、強固な情報セキュリティ体制を構築している委託先でも従業員のモラル低下による情報漏えいのリスクがゼロではないため、アウトソーシングを活用する際は情報漏えいリスクを考慮した上で実行可否の判断をしなければいけません。

アウトソーシング・サービス会社を転職先として選ぶ際のポイント

経営効率化を目的としてリストラが進む一方で、効率化の対象となった部門や業務の一部または全部を外注する「アウトソーシング」が活発化しています。

多くの企業が経営の効率化と新しい事業を具体化し、企業として生き残るために外部資源(アウトソーシング・サービス会社)を活用しようという方向に向かっています。

この状況下で転職先としてアウトソーシング・サービス会社を選択する際には、将来にわたって生き残れる会社かどうかを判断することがとても重要になります。

その判断の一番のポイントは、アウトソーシングに対応できるだけのノウハウや実績を持っているかどうかです。

ノウハウや実績を持っているかについては、固定的な得意先を抱えるアウトソーシング・サービス会社よりもむしろ、短期的な業務を数多くこなしているアウトソーシング・サービス会社の方がノウハウの蓄積は大きく、時代の変化やニーズの多様化にも対応できる企業であるといえます。

受注業務が短期的であればあるほど、その都度の業務内容も変わります。

その時々の受注内容に応じて、スタッフの教育訓練やモチベーションに関するマネジメントが欠かせない要素となります。

アウトソーシング・サービス会社がスタッフのスキルアップのためにどのような教育訓練制度を持っていて、成果に応じた評価システムがどうなっているのかなどをしっかり確認することが必要になります。

マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。

20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。

マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。

他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。

成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

どのように進めればいいのか分からない方でも大丈夫、まずは無料相談の申し込みからはじめましょう。

無料相談 ☞ マイナビエージェント

この他にも特色のある転職サイトがあります。

興味のある方はこちらをご覧ください。

-仕事と技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

返信用封筒の折り方のマナー|相手が嬉しくなるちょっとした気遣いとは?

ビジネスの場では、返信用封筒を作成・送付する機会がよくあります。 その際に気になるのが、返信用封筒の折り方です。返信用封筒にはいろいろなサイズ(角2、長3等)があり折り方一つでもルールがあるのか気にな …

出向の意味とは?|給与の扱いや転籍・配置転換との違いとは?

勤務先の会社で配属先が変更されることを「人事異動」といいますが、人事異動は「配置転換」、「出向」、「転籍」の3種類に分類されます。 「配置転換」「出向」「転籍」はそれぞれ内容が異なりますので、その法律 …

「アジェンダ」と「レジュメ」の意味と違い|ビジネスシーンでの使われ方

会議やセミナーなどでアジェンダやレジュメはよく聞く言葉で何気なく使っていますが、それらの内容の違いを聞かれると正確に答えられないことがありませんか。 また、最近では、外資系企業などの影響で履歴書・職務 …

お詫びメールの書き方のポイントとは?|謝罪の誠意が伝わる例文を紹介

ビジネスで起りがちな手配ミスやクレーム対応など様々な場面で使えるお詫びメール。 ミスをした場合、その対処法によってビジネスマンとしての信頼が保たれるか失われるかが決まってきます。 ミスは誰しも経験して …

納会の意味とは?|案内メール・会場選び・挨拶・進行のしかたとは?

忘年会と並んでよく見たり聞いたりするのが「納会」です。 社内の「納会」の担当を任された人もいると思います。 納会は忘年会と同じく年末に催されやすい会社内の会ですが、忘年会とは異なります。 納会とは忘年 …