仕事と技術

エバンジェリストとはどんな仕事か?|その役割や資質とは何か?

投稿日:2019年1月19日 更新日:

最近のIT業界ではエバンジェリストという職種が注目を集めています。この聞き慣れない肩書きを持つ人は、どんな仕事をするのでしょうか。

エバンジェリストは自社製品に関する情報を中心に、ITトレンドや最新テクノロジーに関する啓蒙を行っています。企業における役割はどのようなものか、従来の広報業務との違いや求められる行動、資質とはどのようなものか紹介します。

エバンジェリストとは?

数年前から職種(職業・肩書)として使われるようになったエバンジェリスト(Evangelist)は、元々キリスト教における福音伝道者(喜びやよい知らせを伝える人)を意味する言葉です。

今では、IT業界で注目されている新しい職種、あるいはその役割を担う専門人材のことで、高度化・複雑化が進むIT環境のトレンドや最新テクノロジーをユーザーに向けて分かりやすく解説し、啓蒙を図るのが主な任務です。

エバンジェリスト(Evangelist)の原義は、キリスト教の「伝道者」の意味です。ITベンダーを中心に自社の提供する技術の価値を広く、正しく“伝道”するための専門職として、ポストを新設する企業が増えています。

エバンジェリストの役割は自社の製品やサービスの魅力を広く分かりやすく伝えることにあり、営業とも広報とも違い「売る」ことよりも「ファンを作る」ことに重点を置いて長期的な視野で啓蒙していく仕事です。

エバンジェリストの働き方とは?

最近は、大企業以外でもエバンジェリストという職種を設けるIT企業が多くなってきました。正社員として企業に勤める働き方もあればフリーランスで様々な企業と契約を結ぶ働き方もあります。

基本的には、IT技術やサービス全般に精通したエンジニアや研究職・開発職の出身者が中心となっています。営業に同行して技術的な説明を行ったり、社内外での講演活動やITイベントのパネリストとして活動することもあります。

エバンジェリストは、目まぐるしく変わるIT業界の最新の動きをいち早くキャッチするため、公私問わずの自助努力は欠かせません。新製品を自身で購入して使用してみるなども日常茶飯事です。様々なことに興味関心を持ち、ブログやSNSで発信する活動を行うエバンジェリストも多くいます。

エバンジェリストに求められる役割とは?

 単に技術のことが「わかっている」だけではなく、「わかりやすく伝える」力がなくては務まらない役目であり、たとえば、日本IBMでは、コミュニケーション能力の高い、最上級の技術者のみが名乗れる名誉な肩書きとなっています。

1.情報を正しく啓蒙する︎

エバンジェリストは中立な立場で顧客目線に立ち、自身の持っている情報を正しく、そして偏りのないように相手に伝えます。自社製品やサービスについての情報はもちろんのことIT環境についての最新の技術情報発信などを行います。

ときには自社製品の欠点や弱点について触れ、他社技術の利点について説明することもあります。

2.課題解決方法を提供する

エバンジェリストは、ただ情報を伝えるだけではありません。顧客が抱える課題を見つけ、解決する手段を見つけて示します。

エンジニアとしての知識と経験をベースに、エバンジェリストという俯瞰的なスタンスからこの製品やサービスを利用し、どのようにその課題を解決するのかという新しいパラダイムを広めるのもエバンジェリストの仕事の一つです。

3.新しい価値を創造する

情報収集能力と、それを分析・研究して生きた知識として蓄積して、製品やサービスのスペックについての情報だけを提供するのではなく、その製品やサービスを利用することによって実現できる新しい価値を提示することも重要です。

日進月歩で進化する技術や技術知識に対して常に目を光らせ、消化していくことが求められます。

エバンジェリストに求められる資質とは?

1つはその先端領域に精通し、必要な技術力や知識を備えていることです。2つめは、技術の特徴やメリットを相手の目線に立って分かりやすく伝えるコミュニケーション能力です。そして3つめが情報発信力です。

1.必要な技術力と知識を備えること

エバンジェリストは、その先端領域に精通し、技術力や知識を備える必要があります。常に最新のITテクノロジーについて理解しておく必要があるため、基礎的な知識は必須です。

2.コミュニケーション能力があること

エバンジェリストの役割を達成するために、最も必要なことはコミュニケーションです。技術の特徴やメリットを相手の目線に立って分かりやすく伝えることが必要な資質です。

3.情報発信力があること

IT業界のトレンドや最新の活用事例などを把握・分析して、社内外のセミナー、イベントやSNS、マスメディアなどのさまざまな形態で情報を発信していく能力も必要な資質です。

自分のスキルや能力の適正な年収の相場がいくらになるのか気になりませんか?

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。サービスの利用はすべて無料のため、気軽に相談できます。

今後のためにも、まずは転職サイト、転職エージェントを利用してみてください。登録は無料で、求職者は全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-仕事と技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

窓際族はおいしいポジションなのか?|最終的に行き着くところは?

出世コースから外れて閑職についた中高年サラリーマンはよく「窓際族」といわれています。窓際族のイメージは年齢を重ねたベテランの社員で会社の隅の方へ追いやられている人だと思います。 まともに業務も持たず、 …

「アジェンダ」と「レジュメ」の意味と違い|ビジネスシーンでの使われ方

会議やセミナーなどでアジェンダやレジュメはよく聞く言葉で何気なく使っていますが、それらの内容の違いを聞かれると正確に答えられないことがありませんか。 また、最近では、外資系企業などの影響で履歴書・職務 …

上旬・中旬・下旬とはいつからいつまで?|ビジネスでの使い方とは?

「上旬」「中旬」「下旬」という言葉を普段何気なく使っていますが、具体的には何日から何日までと決まっていて、その定義に基づいて使うのか、どのようなときに使うのが良いかなど、深く考えたことを今までありませ …

「行き違い」と「入れ違い」の意味|使い方の違いとは?

「行き違い」と「入れ違い」は何となく違いが分かるような気がしますが、意味も使い方もよく似ていて違いを説明することが難しいように感じます。 特に仕事のとき、どう使い分ければいいか困ってしまうことがありま …

フレックスタイム制で効率的な働き方を実現!|メリット・デメリットは?

フレックスタイム制と聞くと、とても柔軟な制度であり、労働者にとっても使用者にとっても効率的な労働環境を構築することに一役買ってくれます。柔軟な働き方で通勤ラッシュに遭わずに済むというイメージを持ってい …