仕事と技術

仕事ができない人の特徴とは?|できる人の行動ができるようになるには?

投稿日:2019年1月28日 更新日:

仕事のできる人にとっては、仕事のできない人に対して、なぜできないのかと疑問に思うことがあります。

話をしてみると分かるのですが、話さず仕事の様子を一目見るだけでも、「この人は仕事できそうもないな」と思うことありませんか。

完璧な人間などいませんが、仕事ができない人には共通する特徴があります。

仕事ができないと思われる人の特徴とは一体何か。

仕事ができない人からできる人に改善することができるのかを解説していきます。

☞ 市場価値診断から本当のキャリアパスを見出す『MIIDAS(ミイダス) 』とは?

忙しくないときでも「今やらなくてもいい簡単な仕事」を後回しにする

たとえば、「メールの返信」、「上司から頼まれた書類の整理」など、特に今やらなくてもいい簡単な仕事があったとします。

仕事ができない人は、この今やらなくてもいい簡単な仕事を後でやればいいと放置します。

しばらくは何も起こりませんが、後からジワリと効いてきます。

忙しい時に限って、先方から「メールの件どうなりましたか」と電話が来たり、上司から「書類の整理終わった?」といわれたりすることがあります。

相手からすると簡単な仕事なので当然終わっているものと思い、確認しているのですが、終わっていないことで印象がかなり悪くなります。

すぐにとりかかっていれば、すぐに終わっていた仕事に後から振り回されることになります。

そして、自分の前後の時系列で仕事する人たちに、漏れなく迷惑をかけてしまうのです。

適度に余裕があるタイミングで、このような簡単な仕事を貯めることがないように意識した方が良いでしょう。

取りあえず仕事にとりかかることをしない

数多くのビジネス書にも書かれていることですが、「仕事ができない人」はとりあえず仕事にとりかかることはしません。

ゆっくり準備して、一気に完成形を目指そうとします。

自分ではこれが完成形と思っていても、上司にとっては未完成の段階と考えているケースは多くあります。

見積書の作成、企画の立案など、まずは「取りあえず」やってみて、その時点で上司の考えと擦り合わせて仕事をすすめる方が良いでしょう。

自分の中でいつまでも試行錯誤しても、それが良い結果に繋がることはほとんどありません。

また、「取りあえず」やってみることで別途準備しなければならないものが出てくる可能性があります。

たとえば、企画書を作成し始めた段階で根拠となる資料を集める必要が出てくるケースがあります。

このようなことが多く発生すると当初考えていたスケジュールが大幅に遅れる可能性が出てくるので、取りあえずとりかかることでスケジュールを見直すことも可能になります。

仕事において完璧な準備というものは非常にハードルが高いので、「取りあえず」やってみて、いくつもの準備と実行を同時進行すると効率よく仕事ができるようになります。

デスクが汚い

デスクが汚いのは書類が整理されていないことの表れで仕事が整理されていないことを示しています。

時間や機会のロスが多く発生する原因となり、仕事が捗りません。

中にはデスクが汚くても頭の中ではきちんと整理されているような特殊な人もいるので「デスクが汚い→仕事ができない」とは断言できませんが、仕事内容を整理することが下手な仕事ができない人はデスクが汚い、すなわち「仕事ができない→デスクが汚い」の関連はあるといえます。

☞ 転職に役立つ市場価値診断に『MIIDAS(ミイダス) 』を利用するメリットとは?

「仕事」と「作業」を分けるのが下手

仕事には付加価値を生まない「作業」が含まれています。

たとえば、「書類の整理」、「名刺の整理」、「入力業務」のような内容が作業に該当するといえます。

これを意識していないと、通常の業務時間帯に取引先や社内調整すべきところで、自分ひとりでもできる「作業」をしてしまうことになりかねません。

このような「作業」は、残業時間や閑散期に対応するのがよく、仕事が捗ります。

適材適所は人のことだけでなく、その業務の性格やタイミングにもいえます。

仕事のミスを共有しようとしない

仕事ができない人は仕事のミスを自分で処理して、そのミスを部署内で共有しようとしません。

もしかしたら、リカバリー方法が間違っているかもしれません。

後々になって他のメンバーに迷惑をかけるかもしれないという意識が欠けており、仕事ができる人の行動ではありません。

自分自身の中ではリカバリー完了と思っていたとしても、上司を伴った謝罪がなければ相手には遺恨が残っていたりすることもあります。

仕事のミスは、グループ全体・部署全体のミスでもあるので、そのメンバーでなるべく事例を共有して当たった方が良いでしょう。

仕事のミスは情報共有しておかないと後々もっと重い足枷をはめることになってしまうがあります。

ましてや、自分だけで仕事のミスの発生すら隠して片付けようとしてしまうのは、言語道断です。

仕事ができる人の行動ができるようになるには?

上記のような振る舞いをしていれば、自分だけでなく同僚の信用も失いかねません。

仕事には鮮度があると考えるべきです。生魚や生肉をそのままにしている状態では腐るので、適切なタイミングで手早く処理をして、加工する必要があります。

仕事も同じような考えで、自分で持ちすぎると腐るので、工程に取り掛かる、もしくは他の人に預けなければいけません。

仕事に対してこのような意識をもつことで「仕事できない人の特徴」についても、スケジューリング、タスク管理、様々な面で方法論が固まってきて、格段に効率よく回せるようになっていきます。

とにかく、仕事を腐らせないようにする意識が必要になってくるのです。

200万人の年収データから、あなたの市場価値を見出す『MIIDAS(ミイダス)』

ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値をデータ分析して、あなたを求める企業から直接オファーが届くサービスです。

【無料で使える3つの診断コンテンツ】

  • 市場価値診断
  • コンピテンシー(行動特性)診断
  • パーソナリティ(人格)診断

「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断・分析することで、より自分にマッチしたオファーを受け取ることができます。

【オススメするミイダスのポイント3つ】

  • オファーは書類選考合格済み(面接確約)
  • 求人を検索しなくても、待つだけで企業からオファーやメッセージが直接届く
  • 7万人の転職データを公開。自分と同じ経歴の人がどこに転職したのかが分かる

ミイダスは面接確約オファーのみ。

まずはあなたの価値を知るために市場価値診断からはじめましょう。

無料登録 ☞ MIIDAS(ミイダス)

この他にも特色のある転職サイトがあります。

興味のある方はこちらをご覧ください。

-仕事と技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

「行き違い」と「入れ違い」の意味|使い方の違いとは?

「行き違い」と「入れ違い」は何となく違いが分かるような気がしますが、意味も使い方もよく似ていて違いを説明することが難しいように感じます。 特に仕事のとき、どう使い分ければいいか困ってしまうことがありま …

仕事に使えるパレートの法則とは?|魔法の法則で人生の成功をつかもう!

無駄な努力をせず、最小限の努力で最大限の効果を上げるにはどうすればよいか考えたことはありませんか。 「利益の80%は顧客の20%がもたらす」「仕事の成果の80%は費やした時間の20%から生まれる」など …

アウトソーシングと派遣の違いとは?|将来を見据えた働き方を考えよう!

企業は社員がそれぞれの仕事(業務)を担うことで成り立っていますが、すべての業務を自社の社員が行っているわけではりません。 企業自身には「いかに本業に専念し、ビジネスを拡大確実なものにしていくか」が問わ …

顛末書の書き方のポイント及び例文紹介|始末書との違いを理解する

顧客との取引でミスを起こし、上司から「顛末書(てんまつしょ)を書いて欲しい」と指示があったとき、書き方が分からず、困った人がいるかと思います。 普段から「顛末書」を目にする機会などあまりないかもしれま …

会社に行きたくないときの解決方法とは?|まずは気持ちの立て直しから

誰でも一度は、「明日、会社に行きたくない」「もう会社を辞めたい」と思ったことがあるのではないでしょうか。 そして、「会社に行きたくない」と思った自分を責めてしまい、どうしたらいいのか悩んでしまう人も少 …