仕事と技術

仕事ができない人の特徴とは?|できる人の行動ができるようになるには?

投稿日:2019年1月28日 更新日:

仕事のできる人にとっては、仕事のできない人に対して、なぜできないのかと疑問に思うことがあります。話をしてみると分かるのですが、話さず仕事の様子を一目見るだけでも、「この人は仕事できそうもないな」と思うことありませんか。

完璧な人間などいませんが、仕事ができない人には共通する特徴があります。仕事ができないと思われる人の特徴とは一体何か。仕事ができない人からできる人に改善することができるのかを解説していきます。

忙しくないときでも「今やらなくてもいい簡単な仕事」を後回しにする

たとえば、「メールの返信」、「上司から頼まれた書類の整理」など、特に今やらなくてもいい簡単な仕事があったとします。

仕事ができない人は、この今やらなくてもいい簡単な仕事を後でやればいいと放置します。しばらくは何も起こりませんが、後からジワリと効いてきます。

忙しい時に限って、先方から「メールの件どうなりましたか」と電話が来たり、上司から「書類の整理終わった?」といわれたりすることがあります。

相手からすると簡単な仕事なので当然終わっているものと思い、確認しているのですが、終わっていないことで印象がかなり悪くなります。

すぐにとりかかっていれば、すぐに終わっていた仕事に後から振り回されることになります。そして、自分の前後の時系列で仕事する人たちに、漏れなく迷惑をかけてしまうのです。

適度に余裕があるタイミングで、このような簡単な仕事を貯めることがないように意識した方が良いでしょう。

取りあえず仕事にとりかかることをしない

数多くのビジネス書にも書かれていることですが、「仕事ができない人」はとりあえず仕事にとりかかることはしません。ゆっくり準備して、一気に完成形を目指そうとします。

自分ではこれが完成形と思っていても、上司にとっては未完成の段階と考えているケースは多くあります。見積書の作成、企画の立案など、まずは「取りあえず」やってみて、その時点で上司の考えと擦り合わせて仕事をすすめる方が良いでしょう。

自分の中でいつまでも試行錯誤しても、それが良い結果に繋がることはほとんどありません。また、「取りあえず」やってみることで別途準備しなければならないものが出てくる可能性があります。

たとえば、企画書を作成し始めた段階で根拠となる資料を集める必要が出てくるケースがあります。

このようなことが多く発生すると当初考えていたスケジュールが大幅に遅れる可能性が出てくるので、取りあえずとりかかることでスケジュールを見直すことも可能になります。

仕事において完璧な準備というものは非常にハードルが高いので、「取りあえず」やってみて、いくつもの準備と実行を同時進行すると効率よく仕事ができるようになります。

デスクが汚い

デスクが汚いのは書類が整理されていないことの表れで仕事が整理されていないことを示しています。時間や機会のロスが多く発生する原因となり、仕事が捗りません。

中にはデスクが汚くても頭の中ではきちんと整理されているような特殊な人もいるので「デスクが汚い→仕事ができない」とは断言できませんが、仕事内容を整理することが下手な仕事ができない人はデスクが汚い、すなわち「仕事ができない→デスクが汚い」の関連はあるといえます。

「仕事」と「作業」を分けるのが下手

仕事には付加価値を生まない「作業」が含まれています。たとえば、「書類の整理」、「名刺の整理」、「入力業務」のような内容が作業に該当するといえます。

これを意識していないと、通常の業務時間帯に取引先や社内調整すべきところで、自分ひとりでもできる「作業」をしてしまうことになりかねません。このような「作業」は、残業時間や閑散期に対応するのがよく、仕事が捗ります。

適材適所は人のことだけでなく、その業務の性格やタイミングにもいえます。

仕事のミスを共有しようとしない

仕事ができない人は仕事のミスを自分で処理して、そのミスを部署内で共有しようとしません。もしかしたら、リカバリー方法が間違っているかもしれません。

後々になって他のメンバーに迷惑をかけるかもしれないという意識が欠けており、仕事ができる人の行動ではありません。

自分自身の中ではリカバリー完了と思っていたとしても、上司を伴った謝罪がなければ相手には遺恨が残っていたりすることもあります。

仕事のミスは、グループ全体・部署全体のミスでもあるので、そのメンバーでなるべく事例を共有して当たった方が良いでしょう。仕事のミスは情報共有しておかないと後々もっと重い足枷をはめることになってしまうがあります。

ましてや、自分だけで仕事のミスの発生すら隠して片付けようとしてしまうのは、言語道断です。

仕事ができる人の行動ができるようになるには?

上記のような振る舞いをしていれば、自分だけでなく同僚の信用も失いかねません。仕事には鮮度があると考えるべきです。生魚や生肉をそのままにしている状態では腐るので、適切なタイミングで手早く処理をして、加工する必要があります。

仕事も同じような考えで、自分で持ちすぎると腐るので、工程に取り掛かる、もしくは他の人に預けなければいけません。

仕事に対してこのような意識をもつことで「仕事できない人の特徴」についても、スケジューリング、タスク管理、様々な面で方法論が固まってきて、格段に効率よく回せるようになっていきます。とにかく、仕事を腐らせないようにする意識が必要になってくるのです。

仕事で悩んでいませんか? 転職のプロがあなたの不安を解消!

自分の働き方について疑問や悩みを抱えている人は、一人で抱え込まず転職に関するプロに相談することをオススメします。もちろん転職するか決めていなくても、お気軽に問い合わせすることができます。

転職エージェントを利用すれば、プロのアドバイザーが自己分析や適性に合った求人の紹介、企業選びのポイント、希望の企業で働くメリットやデメリットなど、求人サイトには載っていないような魅力的な情報を提供します。

厳選した求人から希望条件に合う求人を紹介してもらえます。転職活動に必要な書類作成や面接対策などをマンツーマン体制できめ細やかにサポートしてもらうことも可能です。 登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。

また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-仕事と技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

飲み会の断り方|誘いを断っても関係を損ねない都合の良い方法とは?

社会人となれば飲み会はもはや上司、同僚との親睦を深める恒例行事です。会社の飲み会は好きですか、それとも嫌いですか。 お酒が飲めなくても、飲み会の雰囲気が好きな人もいれば、お酒は好きだけれど飲み会にはあ …

「受取」「受領」の敬語とは?|ビジネスメールの書き方【例文あり】

ビジネスシーンでよく使われる「受取」や「受領」という言葉の動詞は「受け取る」や「受領する」になりますが、使用する相手や場面によって敬語表現が変わります。 「受け取りました」「頂戴いたしました」「受領い …

「壮行会」と「送別会」との違いとは?|歓送会とはどのようなものか?

人事異動の季節になると送別会、歓迎会、壮行会などの名称で宴会が行われます。異動や転職・退職などをする職場の上司や部下、同僚たちを新天地へ送り出す機会も多いかと思います。 それぞれにどのような違いがある …

扶養家族とは?|扶養者と被扶養者の違いや扶養家族の基準とは? 

ニュースや新聞で扶養者・被扶養者・扶養家族などという言葉を耳にしますが、厳密にどの人のことを指しているのか理解している人は少ないかもしれません。家族がいれば必ず扶養者・被扶養者・扶養家族に関する手続き …

エバンジェリストとはどんな仕事か?|その役割や資質とは何か?

最近のIT業界ではエバンジェリストという職種が注目を集めています。この聞き慣れない肩書きを持つ人は、どんな仕事をするのでしょうか。 エバンジェリストは自社製品に関する情報を中心に、ITトレンドや最新テ …