仕事と技術

レポートの書き方とは?|形から覚えるレポートの構成と書式の具体例

投稿日:2017年10月28日 更新日:

「○○についてのレポートを提出」といわれて、頭を抱えたことはないでしょうか。何をどう書けばいいのか本当に悩みます。レポートを書くのは慣れないと難しいのです。

自分の考えや研究成果、相手を説得するためには、分かりやすくて説得力のあるレポートを書くことはとても大切なことです。こうした悩みを解決するために、レポートという文書の目的を明確にし、文書作成のコツを具体的に解説します。

レポートの目的

レポートには、文書による報告という目的の以外にも次のような目的があります。

  • 詳細情報の提示や分析
  • 複数の人が読む記録
  • 主観的な意見の報告

レポートの提出を求められるということは、その件についてのどのように考えているか聞きたいということなのです。

レポートの構成

レポートにおいて、気をつけておきたいことは書いた文章を読み手に納得してもらうということです。レポートの構成について、最低限の理解は大切です。レポートを書く際の基本的な構成の例は序論・本論・結論です。

それぞれの部分でどんなことを書くべきかを簡単に説明します。レポート全体のバランスは序論10%以内、本論80%以上、結論10~20%程度とするのが理想です。

1.序論

序論はこれからどんなことについて、どのような方法で説明していくかを示しておくことです。テーマ・問い・本論の予告の3段階で書くとよいでしょう。これによって、レポート全体の方向性を示す序論の完成します。

(1)テーマ

レポートの課題からテーマを決めます。たとえば「○○○○について」のようにレポート内で扱う領域を限定するという意味です。

(2)問い

テーマを決めただけでは、論じる領域を設定したに過ぎず、そのまま論じていくと、必ずと言っていいほど内容が拡散し、何が言いたいか分からないレポートになってしまう恐れがあります。

レポートの内容の拡散を防ぐために「○○○○なのだろうか」という疑問文でレポートの論点を書きます。

(3)本論の予告

序論の最後に本論がどのように展開していくか簡単にまとめておきます。

2.本論

本論は議論をする場面です。論点は序論で立てた問いになります。本論はレポートの中核をなす部分であり、内容として絶対に欠かせないものは、参考文献の理解と考察です。議論の進行は基本的に説明→考察→まとめというシンプルな流れにします。

なお、説明や考察では字数を使うため、「節」として内容で区切るようにします。節は結論を出すためのスモールステップとして機能し、本論はいくつもの節から構成されます。

3.結論

  1. 当レポートのテーマを解決するために○○という問いを立てた
  2. この問いを解決するために、本論では○○を説明、それに対する考察、まとめを述べた
  3. 結論を明記する

結論と序論は鏡合わせの存在です。序論で立てた問いの答えを結論で書きます。具体的には本論をまとめて結論を明記します。本論のまとめでレポートのスタート地点からゴールまでの歩みを振り返ります。

本論の要点をまとめるのに徹して、新しいことを書いてはいけません。結論とは序論で立てた問いの答えです。この部分が序論の問いと並んで、レポート内で最も大切です。

4.引用参考文献

レポートに限らず、学術的文章を書く場合、先行研究を無視していけません。それは、すべての学術分野が先人の研究の蓄積の上に成り立っているからです。文章を書く上では「引用」という形で現れてきます。

引用したり、参考にしたりした文献のリストをまとめて明示することは、レポートや論文においては最低限のマナーになります。

レポートの書き方

たとえば、課題が「ベトナムの宗教」として書き方を考えていきます。序論の部分では「ベトナムで信仰されているいくつかの宗教の特徴や、相互の関係について検討し、考察して行く」という方針を示します。

そして、本題では最初に問題提起、つまり課題に関してどのような疑問点があるのかについて言及します。

たとえば、「ベトナムには多くの宗教が存在するが、それらはどのような形で互いに影響を与え合っているのだろうか。本レポートでは、この点について調べて行く」というように書きます。

そして、ベトナムの各宗教が互いにどのような影響を与え合っているのか、分かりやすく小見出しをつけ、具体例などを挙げながら説明していきます。ここまでが本題です。そして本題の次には、テーマについて調べ上げた情報から考えられることを考察としてまとめます。

ベトナムの宗教の例を使えば、「ベトナムの宗教は、仏教が最も多くを占めており、また、混合宗教といわれるカオダイ教というものがある。カオダイ教とは、南部タイニン省に総本山を置くベトナム最大の新興宗教であり、その特徴は、仏教、キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教などがミックスされたものである。宗教間の融合が顕著に表れていると考えられる。」というようにまとめることができます。

そして「結論」を書きます。結論では、今回の調査を通して結局どのようなことが明らかになったのかについて伝えます。

再度、ベトナムの宗教の例を使うと「今回、ベトナムの宗教についてその特徴や各宗教間の相互関係について調査を行ったが、結論として各宗教は独自の思想・文化や風習を保ちながらも、中には宗教が融合して新たな宗教ができるなど、ベトナムの多様な宗教観があることが明らかになった。」という結論を下すことができます。

最後に参考文献を挙げます。レポートを書く際に参照した書籍を全てが対象です。レポートの内容が信憑性のある情本源に裏付けられたものであることを示す必要があり、信頼できる参考文献が多ければ多いほど評価の高いレポートができます。

参考:ベトナムの多様な宗教

自分のスキルや能力の適正な年収の相場がいくらになるのか気になりませんか?

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。サービスの利用はすべて無料のため、気軽に相談できます。

今後のためにも、まずは転職サイト、転職エージェントを利用してみてください。登録は無料で、求職者は全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-仕事と技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

メール返信の「インライン」|ビジネスメールで気を配りたいマナーとは?

ビジネスでは、メールで問い合わせてメールで返信というやり取りがとても多いものです。仕事関係のメールで、「インラインにて回答します」と書いてあるものを見かけますが、どのような意味があるのかわかりますか。 …

会社に行きたくないときどうする?|気持ちを立て直して解決する方法

誰でも一度は、「明日、会社に行きたくない」「もう会社を辞めたい」と思ったことがあるのではないでしょうか。そして、「会社に行きたくない」と思った自分を責めてしまい、どうしたらいいのか悩んでしまう人も少な …

職場での馴れ合いが嫌い!|その理由や馴れ合いへの対処法とは?

仕事においてコミュニケーションを取ることは大切ですが、仕事でもプライベートでも、「馴れ合い」の関係に知らず知らずのうちになっている方も多いでしょう。馴れ合いの関係が好きな人、嫌いな人、いろいろといると …

損益分岐点とは?|損益分岐点を把握することの重要性と低くする方法とは?

経理の仕事では決算書を読んだり、その内容を分析するということが必要になります。会社が効率よく利益を上げるためには損益分岐点を知り、その損益分岐点を低くする方法を実行すれば、利益が出ます。その方策とは何 …

マインドマップとは?|意味・書き方・おすすめツールも紹介!

企画書の作成にあたり、アイデアを考えたりするとき、ノートに書き出そうとしても、言葉で上手く表現できない、イメージとして図にまとめることができず、考えがなかなかまとまらない。そんなときに役立つのがマイン …