仕事と技術

「幸いです」の意味と使い方|ビジネスにおける使用上の注意点とは?

投稿日:2017年12月19日 更新日:

ビジネスメールではストレートすぎる表現を使うと上から目線の文章になってしまいがちだからです。特に文末の表現には注意が必要です。たとえば、メールの文末に「~してください」という表現はストレートな印象があり、ほとんど使うことはありません。

このような場合「幸いです」という表現がよく使われますが、意外にも使い方を間違えているケースがよく見られます。正しい「幸いです」の使い方をマスターしましょう。

「幸いです」の意味は?

「幸いです」の正しい意味は、相手に対して何かを依頼するときに使用する言葉で、相手に対してこれをしてくれたら嬉しいですという意味合いがあります。

また、相手に対して贈り物をする場合や利益・便宜を供与する場合にも使用して、相手が喜んでくれることや相手の役に立つことを期待する気持ちを表します。

「幸いです」を使うときの注意点

「幸いです」は敬語で使っていけるように見えますが、目上の人に対する文書やビジネスメールで使うことは避けた方がよいとされています。相手の受け取り方によっては少々失礼な印象を与えることがあるからです。

自分よりも明らかに立場が上の方や目上の人に対して、敬意を確実に込めたいのであれば「幸いに存じます」という表現に変えましょう。「存じます」は「思います」を敬語表現です。

「幸いです」の類義語

1.「助かります」

「助かります」は「幸いです」よりも砕けた表現です。「助ける」には「本人が主体的にやっていることをお手伝いする」という意味があり、目上の人に対して「助かります」を使うことは失礼に当たりますので注意が必要です。距離感の近い同僚、友人などに使うのがよいでしょう。

2.「幸甚(こうじん)」

「幸甚」は「幸いです」よりも丁寧な表現です。「幸甚です」は「この上なく嬉しい・幸せだ」という意味を持ちます。敬語を使用するというならば「幸甚」という表現の方が「幸いです」よりも丁寧に伝わります。相手に対して敬意を払う表現であるため、目上の方にも使用できます。

「幸甚」という言葉は「甚だ(はなはだ)幸せ」という言葉に由来するものです。「甚だ」とは程度が激しく大きい事を指しており、非常に、酷く、などというように状態や物事を強調することを意味します。

「幸甚」は非常にありがたく、この上なく幸せであるといった最大限、最上の幸福の表現の仕方であるといえます。

「助かります」「幸いです」「幸甚です」を使い分ける

「助かります」を言い換えた表現が「幸いです」というような表現になる場合が多いですが、この2つは相手との距離感に応じて使い分けるようにします。

距離が近い関係であれば「助かります」、会社関係の相手などであれば「幸いです」、相手が目上の人の場合は、「幸甚です」というように使い分けるとよいでしょう。

「幸いです」を使ったビジネス文例

ビジネスマナーに則って、適切に「幸いです」や「幸甚に存じます」を使えるよう、具体例を紹介します。

1.「幸いです」の文例

「幸いです」という言葉には2種類の用法があります。ひとつは、「~していただければ幸いです」という形で、相手に何かを依頼・要望する場合です。もうひとつは、「~であれば幸いです」という形で自分の願望を相手に表明する場合です。

  • お忙しいところ恐縮ですが、○○のガイドラインをご教示いただけましたら幸いです。(依頼・要望)
  • ご来観の上、ご感想をお聞かせいただければ幸いです。(依頼・要望)
  • 今回は新作を多数とりそろえました。ご高覧を賜りましたら幸いと存じます。(願望)
  • ○○周辺の開発に関する資料をお送りします。貴社のプロジェクトのお役に立てば幸いです。(願望)

2.「幸甚に存じます」の文例

「依頼」「感謝」「贈り物」の3つの使われ方があります。

  • お手すきの際に、担当○○までご一報いただければ幸甚に存じます。(依頼)
  • 懇親会にお招きいただき幸甚に存じます。(感謝)
  • 弊社創立20周年の記念品をお気に召していただければ幸甚に存じます。(贈り物)

自分のスキルや能力の適正な年収の相場がいくらになるのか気になりませんか?

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。サービスの利用はすべて無料のため、気軽に相談できます。

今後のためにも、まずは転職サイト、転職エージェントを利用してみてください。登録は無料で、求職者は全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-仕事と技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

名刺の英語表記の作り方|よく使われる役職名や部署名などの英語表記は?

最近、名刺の裏面に英語表記をする人が増えています。外国人と名刺交換をしたり、海外で名刺を渡したりする場合は英語表記の名刺を交換するのが一般的です。 英語表記の名刺を作成しようとすると「どの表現を使うの …

仕事が遅い!|仕事を効率よく行うための方法とは?

仕事効率を上げ、残業を減らしたいと考えている人は多いです。1日の大半の時間を過ごす職場、できる限り効率よく仕事をこなしたいと考えています。仕事効率の良し悪しは、非常に重要な問題です。 仕事の効率化は「 …

返信用封筒の返信のしかた|封筒に書かれた宛先の書き換えのマナーとは?

返信用封筒や返信用ハガキが入っていたとき、宛名に「行」「宛」が添えてある場合がほとんどです。これを送り返すとき、「行」「宛」を書き換えるということは知っていても、どのように修正すればよいか分らなくなっ …

潰れる会社の特徴|危なくなった会社はどんな状況を経て消滅するのか?

日本では毎年1万~1万5千社の会社が倒産しているといわれています。自分が勤務している会社が経営不振で潰れてしまったりしては、たまったものではありません。自分の会社が潰れるということを考えたことはありま …

窓際族はおいしいポジションなのか?|最終的に行き着くところは?

出世コースから外れて閑職についた中高年サラリーマンはよく「窓際族」といわれています。窓際族のイメージは年齢を重ねたベテランの社員で会社の隅の方へ追いやられている人だと思います。 まともに業務も持たず、 …